So-net無料ブログ作成

天王寺でお参りと浮世絵 [美術館]

とりあえず、今日も暑かったですね~!と言う書き出しに
なってしまうお盆の本日は、四天王寺への参拝と合せ(夏
は帰省をしないので、遠くからですが、今年あちらに逝っ
た叔父とご先祖様を思いながらお参りをさせてもらいまし
た)、大阪市立美術館で開催している「メアリー・エイン
ズワース 浮世絵コレクション 初期浮世絵から北斎・広重
まで」を観に行ってきました。
IMG_7873.JPG IMG_7875.JPG 
メアリー・エインズワース氏は浮世絵収集家のアメリカ人
女性で、オハイオ州にあるオーバリン大学のアレン・メモ
リアル美術館に寄贈した浮世絵コレクション1500点の中
から今回200点の作品が、お盆ってこともあって里帰りし
ています。
解説曰く、メアリー・エインズワース氏のコレクションは、
菱川師宣や奥村政信など初期の墨摺絵と呼ばれていた頃の
浮世絵が充実していることが特長で、それ以外に歌川広重
が大好きだったらしく、かなりの数の作品を集めていたそ
うです。

会場に入ると、先ずは菱川師宣や奥村政信など初期の浮世
絵が飾られており黒い線や若干彩色されたシンプルで素朴
な感じの作品が並んでいました。挿絵的な雰囲気から徐々
に一枚の作品と言う感じに変わっていくプロセスを楽しむ
ことができます。
次は、印刷として色がつく始め、浮世絵と言う形が確立し
ていた頃の鳥居清長や鈴木春信、勝川春章などの作品。清
楚な雰囲気の女性の絵が多く、けっこうこのあたりの浮世
絵も好きです。
女性の絵といえば美人画の歌川豊国や喜多川歌麿も飾って
あったんですが、圧巻は歌麿の大判錦絵7枚組み“見立唐人
行列”。40名近い美人が並んでいて見応えありました。
歌川広重ばかりではなく葛飾北斎もコーナーができていて、
“冨嶽三十六景”から状態の良い“凱風快晴”や“山下白雨”な
ど10枚ほどの絵の他に、縦長の構図が印象的な“詩哥写真
鏡”は、在原業平、安倍仲麿、清少納言、伯楽天などを題材
にした絵。そして、綱渡りの様な“飛越の堺つりはし”など
けっこう好きなシリーズの“諸国名橋奇覧”もあって面白か
ったです。
充実していた歌川広重のコーナーでは、“東海道五拾三次”
から3種の“日本橋”、雪の静けさを感じる“蒲原夜之雪”や
“亀山雪晴”、旅人の声が聞こえてきそうな“御油旅人留女”
や“庄野白雨”など14点。画面を占領する巨木が印象的な
“浪花名所図安立町難波屋のまつ”や“近江八景唐崎夜雨”。
これ以外に、ゴッホが模写したので有名な名所江戸百景
の“亀戸梅屋舗”や花火の後先で水面の明るさが変わる2種
の“両国花火”などなど50点あまりの作品が並んでいまし
た。
個人的には風景画のイメージは無かったんですが、歌川国
芳や渓斎英泉の風景画もありました。

2階のコレクション展では、葛飾北斎の肉筆画“潮干狩図”
や良寛さんの書なども楽しむことができます。

浮世絵を楽しんだ後、お盆(盂蘭盆会)ってことで、美術
館横の一心寺さんに参拝。
IMG_7878.JPG 
在牟堂と言う休憩所では、「一心寺 寺宝虫干し展 厭離穢
土・欣求浄土 地獄と極楽の仏画展」が行なわれていたの
でちょっと覗いてみました。 
IMG_7882.JPG 
お盆を感じる“六道絵図”や“唐絵地蔵十王図”。四分の一と
小さいですが極彩色で美しい“當麻曼荼羅”の写し、法然上
人が日の丸に南無阿弥陀の文字を書いたという平清盛の旗
など一心寺お宝が展示してありました。入場料300円なん
ですが、300円以上しそうなカラーの解説書がもらえて、
警備の女性が宗教的な側面からめちゃ詳しく解説してくれ
ます。ありがとうございました。

参拝の流れで、盂蘭盆会の万灯供養をやっている四天王寺
にもお参りさせてもらいました。
IMG_7886.JPG IMG_7887.JPG 
IMG_7888.JPG IMG_7889.JPG 
聖徳太子のご本地仏である救世観音が祀られる金堂と五重
塔が並ぶ中央伽藍。
IMG_7898.JPG 
そして、薬師如来と四天王が祀られる六時礼讃堂をめぐり
ました。
IMG_7902.JPG 
北の引導鐘と呼ばれる黄鐘楼からは極楽までも響くといわ
れる鐘の音が響いていました。
IMG_7899.JPG 
帰りに、四天王寺門前にある和菓子屋「総本家 釣鐘屋」
さんの釣鐘まんじゅうを購入。素朴な風味で美味しい!
IMG_7904.JPG 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

京都でも華山 [美術館]

夏の京都は暑い!体感温度で感じる京都の暑さは天気予報
で言ってる気温を超えてる気がします。。。
そんな暑い京都に、昨年秋、東京ステーションギャラリー
で観て面白かった「横山華山展」を、本場の京都でもう一
度観ようと思い立ち、京都文化博物館に行ってきました。
IMG_7771.JPG IMG_7773.JPG 
改めて観てみても、とにかく器用な人だなってのが一番の
感想で、何を描いてもそつが無いというか上手い、そんで
もって丁寧で細かい。中でも風俗や群衆を描いた絵が秀逸
で、紅花の収穫から出荷までの人々の営みを詳細に活き活
きと描いた“紅花屏風”。金地に子供たちが楽しそうに遊ぶ
“唐子図屏風”は子供たちの笑い声が聞こえてきそうな雰囲
気です。
また、30mにもおよぶ祇園祭の絵巻“祇園祭礼図巻”は、歴
史資料的な側面も持つくらい山鉾が忠実に描かれているん
ですが、山鉾を引く人々が本当によく描かれていて、列の
中ほどで気を抜いて世間話でもしてるような人々をジッと
見ていると、なんだか楽しい気分になります。
今回、風景が描かれた屏風絵を見ていて改めて思ったのは、
屏風の折り畳み構造を絶妙に利用して遠近感を出すのが上
手いな~ってことでした。
でも、こんな人でも明治以降、埋もれて名前も忘れられて
いたというのだから、時の流れには残酷な側面があります
ね。運良く掘り起こされれば良いですが、埋もれたままの
人も大勢いるんでしょうね。

京都のアートと言えば、今年の春にオープンして、気にな
ってはいたんですが、いつでも行けそうな感じで、行きそ
びれていたアートなスタバ「スターバックスコーヒー京都
BAL店」さんに立ち寄ってみました。
IMG_7770.JPG IMG_7752.JPG 
名和晃平さんが主宰するアートティスト集団「SANDWIC
H」が手がけた店で、30名ほどの若手アーティストさんの
作品80点ほどが展示されていました。
IMG_7754.JPG IMG_7757.JPG 
IMG_7758.JPG IMG_7759.JPG 
IMG_7760.JPG IMG_7761.JPG 
IMG_7762.JPG IMG_7765.JPG 
IMG_7768.JPG IMG_7755.JPG 
名和さんは京都造形芸術大学の先生もしていて、京都には
芸術系の学校が多いわりに若手の作家さんが作品を一般の
方に向けて、常設で発表する場所が少ないと言うことで、
このスタバを企画したみたいです。素晴らしい!

こちらも気になっていて、観にいかなきゃと思いながらも
期間最終盤の訪問になってしまった細見美術館で開催して
いる「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
IMG_7774.JPG IMG_7808.JPG 
ちょっと前にテレビで特集をしていて(何の番組かは忘れ
ましたが・・)、ハンドメイドにこだわった制作をしてい
るタラブックスの絵本の日本語翻訳版を出すのに色々苦労
したって内容で、現物を見てみたいなと思った次第です。
タラブックスは、インド南部のチェンナイを拠点とする出
版社で、 1994年から、インドの伝統的な絵柄、またイン
ドの自然や風習などをモチーフに子供向けの絵本をハンド
メイドにこだわって作っているそうです。

屋上にある茶室 古香庵で、インドで売っている実物を読む
ことができたんですが、厚めの紙の質感、糸で縫い合わせ
た素朴な作り、シルクスクリーン印刷のインク香りなどな
ど、本自体がなんとも素敵でした。
IMG_7865.JPG 
代表的なシリーズ“夜の木”は、中央インド出身の3人のアー
ティストが、ゴンド族の中で語り継がれてきた昔ばなしや
神話をもとに描いたものだそうです。
IMG_7806.JPG 
IMG_7807.JPG 
そんな“夜の木”をはじめ、カラフルで抽象的でカワイイ絵
が描かれた絵本とその原画が多数展示してありました。
IMG_7786.JPG IMG_7788.JPG 
IMG_7815.JPG IMG_7843.JPG 
IMG_7846.JPG IMG_7858.JPG 
IMG_7816.JPG IMG_7819.JPG 
IMG_7862.JPG 
西ベンガル地方にはポトゥア(絵巻物師)と呼ばれる人々
が、絵巻物を片手に歌と語りで物語を伝える伝統芸能があ
るそうで(読み聞かせる姿がビデオで流れていました)、
その絵巻物も展示してありました。
IMG_7818.JPG IMG_7821.JPG 
IMG_7845.JPG 
中でも、インド洋を襲った大津波を題材にした「つなみ」
と言う絵巻物を元に蛇腹の本に仕立てた絵本が印象的でし
た。こちらは同じ構造で日本語版もありました。
IMG_7833.JPG IMG_7838.JPG 
絵本の原画といっしょにタラブックスが本を作るこだわり
を書いたパネルも多数飾ってあって、大量消費やデジタル
と一線を画す絵本。本って手触りや臭いも含めて作品なん
だなって気付かされる素敵な展覧会でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪でもドラえもん [美術館]

今日も暑かったですね~!ってことで、美術館で涼もうと
大阪文化館・天保山で開催している「THE ドラえもん展
OSAKA 2019」を観に行ってきました。
IMG_7738.JPG 
この展覧会、2年前に東京でも観ているんですが、その時、
けっこう面白かったので、再び足を運んでみようと思った
次第です。
IMG_7749.JPG 
展覧会のタイトルが“ドラえもん”で、確かに内容的にも“ド
ラえもん”なんですが、ちょっと違うのはアニメや漫画で
お馴染の“ドラえもん”ではなく、日本を代表する現代アー
トのアーティスト28組が制作した“ドラえもん”と言うか
“ドラえもん”を題材にした作品が展示してあります。
(若干、勘違いも有るのかな?と思うくらい、会場内、
小さなお子さんといっしょの親子連れが多く、楽しめる
のかな?なんて少し心配しました。が、さすが子供たち
はアートとは関係無く“ドラえもん”探しを楽しんでいる
感じでした)
IMG_7739.JPG 
会場に入ると、先ずはカラフルで楽しい村上隆さんの作
品。村上さんのキャラの中に隠れているドラえもん探し
って風情です。
DSC03726.JPG 
次は、蜷川実花さんでドラえもんのデート写真!なんだ
かほっこり感が漂ってます。
DSC03733.JPG 
福田美蘭さんのだまし絵風に仙人が集まってドラえもん
を構成する絵、イイ感じです。
DSC03740.JPG 
そして、東京で見て印象的だった会田誠さんのシャワー
を浴びるしずかちゃんのヌード、やっぱり面白いですね!
DSC03745.JPG 
Mr.さんの無重力ののびたくんの部屋は視点が定まらない
感じです。
DSC03749a.jpg 
山口晃さんのシュールな会話を繰り広げるドラえもんと
のびたの漫画もニヤっと笑えます。
DSC03756.JPG 
奈良美智さんは、ジャイアンにリボンをとられたドラミ
ちゃんの絵とオブジェと下書き、17年間リボンをとられ
続けているドラミちゃんの涙を描くのが奈良さんっぽく
ってイイなって感じです。
DSC03777.JPG DSC03774.JPG 
DSC03778.JPG DSC03769.JPG 
梅佳代さんの日常の中のドラえもんの写真&壁の落書き
も面白いです。
DSC03782.JPG DSC03784.JPG 
コイケジュンコさんの漫画のドレスを着た森村泰昌さん
のセルフポートレート、その横には自らドラえもんにな
った森村さん。インパクトあります。
DSC03785.JPG DSC03803.JPG 
漆作家の渡邊希さんは、フォルムのドラえもんと歪んだ
漆の板で時間旅行を表現。光の角度で見え隠れする風情
が素敵です。
DSC03791.JPG DSC03799.JPG 
佐藤雅晴さんのドラえもんがウロウロしている映像作品、
物悲しい雰囲気でした。

シンプルな線で描いた町田久美さんのドラえもんですが、
線と色で町田さんの世界観が漂うのが凄いです。
DSC03815.JPG 
鴻池朋子さんは、皮をつないで描いたしずかちゃんの洞
窟の大きさと雪の中で歌う動画が印象的でした。
DSC03821.JPG 
しりあがり寿さんのキャラがどんどん劣化した絵になり
劣化防止スプレーで元に戻るアニメ、シュールで面白い。
子供たちにめちゃうけてました!

西尾康之さんは白いドラえもんの像にプロジェクション
マッピングで息を吹き込む作品。
DSC03828.JPG 
小谷元彦ざんのリアルでカッコイイドラえもん、写真は
NGですが素晴らしいです。

映画のドラえもんを題材にした作品がつづき、れなれな
(中島玲菜)さんの黒板。坂本友由さんの巨大なしずか
ちゃん。篠原愛さんの龍。山本竜基さんのタイムマシー
ン。山口英紀さんが描き伊藤航さんが紙で作ったドラえ
もんのアイテム。中里勇太さんの可愛らしいペガサスの
彫刻。シシヤマザキさんのセルフアニメ作品。近藤智美
さんの多次元世界の絵画。後藤映則さんの様々な形の光
でキャラクターが動画のように浮かび上がるオブジェ。
書家中塚翠涛さんの抽象的な屏風。
DSC03835.JPG DSC03840.JPG 
DSC03845.JPG DSC03847.JPG 
DSC03852.JPG DSC03851.JPG 
DSC03865.JPG DSC03878.JPG 
DSC03880.JPG DSC03884.JPG 
クワクボリョウタさんはいつものように電灯列車の影絵
で幻想的な世界を創り上げていました。子供たちよりお
母さん大喜びって感じでした。
IMG_7744.JPG 
最後は、増田セバスチャンさんのカワイイ物で埋め尽く
された巨大なドラえもん。素晴らしい!
DSC03894.JPG 
見覚えのある作品ばかりでしたが、やっぱり面白かった
です。

アート前の腹ごしらえは、西梅田に渡邊咖喱さんでスパ
イスとんかつカリーのピクルストッピングをいただきま
した。カラフル!
IMG_7735.JPG IMG_7734.JPG 
色んな味と香りが渾然一体となって美味しい!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三者の織り成すアートと演劇 [観劇(他)]

今日から夏季休暇ですが、刺すような暑さに遠出は避け、尼崎
にあるギャラリーA-Labで開催している中島伽耶子さん、入江
早耶さん、小林椋さんのグループ展「A-Lab Exhibition Vol.
19 気配と存在」を観に行ってきました(駅からギャラリーま
で歩いただけで溶けそうになりました)。
IMG_7685.JPG IMG_7687.JPG 
アクリル板の光で室内を鋭く切り裂く瀬戸芸の高見島の作品が
印象的な中島伽耶子さんはギャラリー奥の穏やかな和室を鋭い
光で切り裂いた“風穴について”。
IMG_7727.JPG 
IMG_7712.JPG IMG_7714.JPG 
IMG_7717.JPG IMG_7719.JPG 
消しゴムアート(多量の消しゴムの屑を粘度のようにして作品
を創る)の入江早耶さんは尼崎在住の方々や地域研究資料館や
郷土史の雑誌などから尼崎の歴史を消しゴムでつむいだ“形像十
景 尼崎”。
IMG_7697.JPG 
IMG_7700.JPG IMG_7706.JPG 
キネティック アートの小林椋さんは抽象化した科学現象など
をぎこちなく動く空間を構築した“湾なヨーとフーな走”。
IMG_7730.JPG 
IMG_7692.JPG IMG_7696.JPG 
かなり面白い展示で、しかも只。。なのにお客さんがいない!
気楽にひとりで作品を楽しめるのはありがたかったんですが、
ちょっとさびしい気分でした。
名古屋の方ではちょっとヘンな方向で現代アートが盛り上が
ってます。が、身近なところでも面白い展示をしているので、
足を運んでもらいたいと切に思う次第です。9月23日までや
ってます。

尼崎で面白い現代アートを観た後は、渡辺えりさんが主宰する
オフィス3〇〇の新作舞台「私の恋人」を観に兵庫県立芸術文
化センター 阪急中ホールに行ってきました。
私の恋人.jpg 
芥川賞作家上田岳弘さんの三島由紀夫賞の受賞作「私の恋人」
を渡辺えりさんが脚本・演出した舞台。渡辺えりさんは出演も
してらして、小日向文世さん、のん(能年玲奈)さんの3人で、
現在、過去、未来、新宿、タスマニア、満州などなど時間と空
間ばかりか夢と現、男と女、年齢の境界も越え、舞台横に陣取
ったミュージシャン三枝伸太郎さんのキーボードの生演奏に合
せて(三枝さんの方が合わせてたんでしょうが・・)3人で30
人を演じながら歌うと言うミュージカルともちょっと違う音楽
劇を楽しませてもらいました。

いきなり客席から登場した歌いたくない男小日向文世さんと歌
いたい女渡辺えりさん、漫才の様なやり取りの後、もう一人の
歌いたい女のんさんが登場(TVで見てイメージしてたより、背
が高くて顔が小さく手足が長い)。
渡辺えりさんとのんさんが双子の兄弟と言う設定などなど、め
まぐるしい展開で先の読めない摩訶不思議な舞台が繰り広げら
れました。
曲の部分でのっていいのかいけないのかが掴めず、気持ちが右
往左往した感じでした。が、面白かったです。

尼崎での昼ごはんは、「本格さぬきうどん 穂乃香」さんで肉ぶ
っかけをいただきました。
IMG_7684.JPG IMG_7683.JPG 
太目の麺にちょっと濃い目の味付けのたっぷりの肉がからんで
美味しかったです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

六本木と原宿でふるえる [美術館]

夏季休暇前の東京日帰り出張。金曜ですがすでに朝から帰省
か旅行の方々で混雑していて、お休みムード漂う新幹線で東
京へ。
せっかく東京に行ったので、是非にも見たいと思っていた大
好きな塩田千春さんの個展「塩田千春展 魂がふるえる」を見
に森美術館に行ってきました。
67676129.jpg 
塩田さんの作品は、芸術祭など色々なところで見かかるので、
好きで見に来る人も、そこそこいるだろうな~!なんて甘く
考えていましたが、チケット売り場を超えて入口の螺旋階段
のところまで行列ができていてビックリ!
IMG_7566.JPG 
しばし並んでチケットを買って、一気に53階へ。会場に上る
エスカレータの空間に白い舟“どこへ向かって”が並んで塩田
ワールドに誘ってくれます。
67706795.jpg 
会場に入ると、儚さと危うさを感じる子供の手が支える針の
塊の様な繊細で小ぶりのブロンズの作品“手の中に”が展示し
てあり、集中して眺めることで気持ちが切り替わり、その後
の大きな作品に臨むスイッチが入る感じです。
IMG_7568.JPG IMG_7572.JPG 
そして、今回の展覧会のビジュアルイメージにもなっている
舟にからんだ赤い毛糸が部屋中にうごめく“不確かな旅”。真
っ赤な世界の迫力に圧倒されます。
IMG_7574.JPG 67799584.jpg 
展示室全体を使ったインスタレーションが印象的なんですが、
不在や死をイメージした作品を創る塩田さんの25年の活動を
振り返る展示にもなっていて、学生の時に描いたと言う抽象
画や、私が塩田さんを知るきっかけになった靴と赤い毛糸の
作品“DNAからの対話”の写真などが飾ってあって、なんとな
く懐かしさも感じることができました。
IMG_7582.JPG IMG_7584.JPG 
67816781.jpg 
また、美術館の中から大都会東京の風景を眺めることのでき
る部屋には、無数の小さなオブジェが赤い糸で結ばれた縁の
世界が広がってました。
IMG_7593.JPG IMG_7599.JPG 
赤のイメージの次は黒と言う感じで、赤い糸が黒い糸が切り
替わる。
IMG_7608.JPG 
次は、焼けたピアノと椅子が並ぶ空間に張り巡らされた黒い
糸が静寂を奏でる“静けさの中で”、レクイエムと言うか戦争
や死や不在を感じて心がゾワッとする作品でした。
IMG_7616.JPG IMG_7626.JPG 
その奥に“時空の反射”と言う2着のドレスが黒い糸でがんじ
がらめになった作品があるんですが、半分は鏡に映っている
と解っていても、眺めれば眺めるだけ実像と虚像の区別が曖
昧になる不思議な作品でした。
IMG_7645.JPG 
ベルリンの再開発で廃棄された無数の窓枠で壁を再構築した
“内と外”は、豊島の作品が思い出されて面白かったです。
IMG_7636.JPG 
最後は、赤い紐で吊るされた無数の古いスーツケースが揺れ
る“集積 目的地を求めて”に見送られながら会場を後にしまし
た。

IMG_7671.JPG 
IMG_7655.JPG IMG_7667.JPG 
やっぱり、塩田さんはイイですね。けっこうお客さんも多か
ったんですが、人々が気配だけの存在に変わる感じで、そこ
はかとなく孤独に浸りながら作品の中を旅することができま
した。

仕事で行った場所のすぐ横に、浮世絵を専門に展示する太田
記念美術館があって、猛暑の夏にぴったりな「異世界への誘
い 妖怪・霊界・異国」と言う展覧会をやっていたので、日差
しを避けて、しばし身も心も涼ませてもらいました。
IMG_7561.JPG IMG_7560.JPG 
今回、お化けの絵ってことで、歌川国芳と月岡芳年が多数展
示してあり、歌川国芳では、“東海道五十三対 桑名 船の
り徳蔵の伝”や“木曽街道六十九次之内 妻籠 安倍保名葛葉
狐”、九尾の狐を描いた“三国妖狐図会”など。
月岡芳年の方は、いかにもという“羅城門渡辺綱鬼腕斬之図”
や“日蓮上人石和河にて鵜飼の迷魂を済度したまふ図”の他、
淡い色調で大好きな作品“新形三十六怪撰 ほたむとうろう”
や“新形三十六怪撰 皿やしき 於菊の霊”や“月百姿 源氏
夕顔巻”も目を引きました。
これ以外に葛飾北斎の遠近法浮世絵“新版浮絵 浦島龍宮入之
図”、フランスを描いた“阿蘭陀フランスカノ伽藍之図”、ロ
ードス島を描いた“羅得島湊紅毛船入津之図”、アメリカを描
いた“亜墨利加国”など、ちょっと変わった作品も飾ってあり
けっこう面白かったです。

お客さんと会う時間が急に変わって、EX予約で変更しよう
としたら帰りの新幹線の指定席がすべて満席で変更できず!
あわててもしょうがないなと思って、東京駅にある寿司屋
「築地 寿司 清」さんの江戸ちらしでゆっくり晩ごはん。
美味しかったです。
IMG_7680.JPG IMG_7681.JPG 
お腹も膨れたので覚悟を決めて改札を抜け、2本後くらい
の自由席に転がり込んだら運良く座れたんですが、その後
通路まで人が溢れてえらい事になった新幹線で大阪に戻り
ました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感