So-net無料ブログ作成

文楽でお花見 [文楽]

国立文楽劇場に「平成三十一年 四月文楽公演(第2部)」を
観に行ってきました。
IMG_4853.JPG IMG_4855.JPG 
IMG_4864.JPG 
今回の演目、先ずは、祇園祭礼信仰記から金閣寺の段と爪先
鼠の段。
浄瑠璃は、金閣寺の段は織太夫さんと藤蔵さん。爪先鼠の段
は千歳太夫さんと富助さん、そして芳穂太夫さんと清志郎さ
んでした。
幕が開くとまさに春の演目って感じで、目の前には満開の桜
に彩られた金閣寺。足利将軍の母慶寿院(亀次さん)を金閣
寺に幽閉した松永大膳(玉志さん)が優々と碁を打っている。
そんな大膳のもとに此下東吉(玉助さん)が仕官をしたいと
訪れ、碁で大膳を打ち負かし、ムッとした大膳が碁笥を井戸
に投げ込み手を濡らさずに碁笥を取ってみろと言うと、東吉
は樋を使って滝の水を井戸に引き込み水を溢れさせて碁笥を
見事に取ってみせる。感心した大膳は東吉の仕官を許す。
一方、金閣寺には絵師雪舟の孫娘雪姫(清十郎さん)とその
夫狩野之介直信(紋秀さん)も捕らえ、雪姫に横恋慕してい
る大膳は自分のものになるか金閣寺の天井に龍の絵を描くか
を迫る。が、雪姫は手本がないと描けないと言う。そこで大
膳は宝剣倶利伽羅丸を出して、滝に龍を映して見せるが、倶
利伽羅丸は元々雪舟が中国の帝からもらった品で、雪姫の父
雪村が殺されて奪われた品だった。大膳が父雪村の敵だと判
った雪姫は大膳に挑むが、逆に桜に木に縛られてしまう。雪
姫は祖父雪舟の故事を思い出し、桜の花びらを集めて足の爪
先でネズミを描くと本物のネズミになって縄を食いちぎって
くれる。
この後、此下東吉が真柴久吉となって登場し、雪姫と幽閉さ
れた慶寿院を助けるんですが、ここからがスペクタクルって
感じで、久吉が桜の木をのぼり(舞台では金閣寺が下がる仕
掛け)、警護の顔を真っ二つにしたり首ははねたり!そして
金閣寺の3階に居た慶寿院を竹にくくって竹のたわみで無事
に下におろすと言う荒業に思わず笑ってしまいました。
桜もいっぱいでハッピーエンド、春を満喫って感じでした。

次の演目は、近頃河原の達引から四条河原の段と堀川猿廻し
の段。
浄瑠璃は、四条河原の段は靖太夫さんと錦糸さん。堀川猿廻
しの段は、津駒太夫さんと宗助さんにツレの清公さん、それ
に呂太夫さんと清介さんにツレの友之助さんでした。
こちらも京都の話なんですが、桜の金閣寺とは打って変わっ
て幕が開くと暗がりの四条の川原。
井筒屋伝兵衛(勘彌さん)と恋仲の祇園の遊女おしゅん(簑
二郎さん)に横恋慕した横淵官左衛門(玉勢さん)が、伝兵
衛を殺そうと、計略を練って呼び出すが逆に殺され、官左衛
門を殺した伝兵衛はお尋ね者になってしまう。
おしゅんが堀川の実家に戻ると、兄の猿廻し与次郎(玉也さ
ん)と母(勘壽さん)は、おしゅんを伝兵衛と別れさせて助
けようと縁を切る手紙を書かせる。が、夜半に伝兵衛が訪ね
て来て手紙を読むと、母と兄への別れの手紙だった。
妹の思いを悟った与次郎は、最後に曽根崎心中のお初徳兵衛
の猿廻しで二人を送り出すと言う話ですが、最後の猿廻し場
面が見所で、一人で操る二匹の猿のユーモラスな動きと二本
の三味線の早弾きが見事にシンクロして、心中に向かう二人
の切なさを際立たせます。素晴らしい!

文楽観劇の後は、いつものように観劇仲間の方々と劇場近く
にある「福華酒家」さんで食事会、これまたいつものように
干し豆腐、水蓮、黄ニラをいただきました。
IMG_4874.JPG 
IMG_4875.JPG IMG_4876.JPG 
IMG_4877.JPG IMG_4878.JPG 
IMG_4879.JPG IMG_4880.JPG 
IMG_4881.JPG IMG_4882.JPG 
IMG_4883.JPG IMG_4884.JPG 
IMG_4885.JPG 
干し豆腐の独特の食感とパクチーの香り、シャキシャキの水
蓮と黄ニラも美味しい!楽しい時間を過ごせました。
ありがとうございます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桜と呉春と画鬼と [美術館]

週明けから花冷えでしたが、今日は春がすみって感じのぽか
ぽか陽気。神戸の桜の名所、夙川の桜も眺めつつ、春の名の
付く呉春の絵を愛でようと、阪神香櫨園駅の西宮市大谷記念
美術館で、今日からはじまった「四条派への道 呉春を中心と
して」を観に行ってきました。
IMG_4828.JPG 
与謝蕪村に学び、四条派の祖と言われる呉春を中心にと言う
かほぼ呉春の作品ばかりだったんですが、それ以外にお弟子
さんや同時代の円山派の作品が70点あまり展示してありまし
た。
呉春は蕪村のお弟子さんってことで穏やかな中国風の文人画
のイメージも強いんですが、けっこう細密画のように描いた
作品も多く多彩な呉春を楽しませてもらいました。
屏風なんですが、絵巻物のように時間経過が描かれている“大
江山鬼賊退治図”は、鬼たちが宴会の準備をしてるなど妙に生
活観溢れる風情が描かれていて面白かったですし、絵巻物で
春の田植えから秋の稲刈りまで畑仕事を緻密に描いた“四季耕
作図絵巻”などユーモラスな雰囲気の作品が目をひきました。
そして、円山派からは、春はあけぼのって感じで、円山応挙
の“嵐山春暁図”。水面に月が残る明け方の嵐山の桜を楽しま
せてもらいました。桜の季節の京都は(特に嵐山方面は)、
とんでもなく混むので足が向かないですが、神戸で京都の桜
を眺めさせてもらいました!笑

西宮市大谷記念美術館の呉春の後は、夙川でしばし桜散策。
IMG_4810.JPG 
IMG_4812.JPG IMG_4819.JPG 
IMG_4817.JPG IMG_4836.JPG 
IMG_4815.JPG IMG_4841.JPG 
こちらは宴会や家族連れでお弁当を食べている人たちで賑わ
っていて、ちょっと写真は撮りにくかったんですが、ハラハ
ラと散り始めた花びらが川面を彩って美しかったです。

夙川でしばし桜を楽しんだ後は岩屋に移動し、こちらも今日
からはじまった兵庫県立美術館の「没後130年 河鍋暁斎」を
拝見。
IMG_4842.JPG IMG_4850.JPG 
暁斎は、国芳から浮世絵を学んだってことで浮世絵の作品も
多いですし、浮世絵以外にも多彩でちょっと変わった絵を膨
大に描いているので、日本画の色々な企画の展覧会で作品を
見ることが多いんですが、暁斎単独の展覧会は、久しぶりに
見たような気がします。
IMG_4848.JPG 
極彩色に彩色され異彩を放つ出来上がった作品はもちろん素
晴らしいんですが、今回、多量に描いた写生や下絵もたくさ
ん展示してあって、どのようなプロセスで絵を描いていたの
かを垣間見ることができで面白かったです。
後、毎日書いていた絵日記なども展示してあり、正に画鬼の
呼び名のごとく、絵を描くことに取り憑かれ、9歳のときに
神田川で生首を拾ってきて写生をしたと言う伝説の残る暁斎
の描くことへの執念のようなものを感じさせてもらいました。
それこそ、放屁合戦から仏まで清濁併せ持った暁斎の世界を
たっぷりと堪能しました(前後期合せて200点あまりの作品
が展示されるみたいです)。
濃厚過ぎてかなり疲れましたが・・。

常設の方は「2019年度コレクション展 I 境界のむこう」と
言う企画展示が行なわれていました。
IMG_4852.JPG 
領域、線、東西、生死、自他、裏表、内外など境界と言う視
点で、大岩オスカールさんの“ブラジル丸”や“www.com”、
辻本悦子さんの“内外”、木下佳通代さんの写真、森村泰昌さ
んのセルフポートレート、浜田知明さんやジャン・フォート
リエさんの版画、福岡道雄さんの彫刻、米田知子さんの眼鏡
とテキストのシリーズ写真、大西伸明さんの彫刻“Vacuum-
Alias”、イサム・ノグチさんの彫刻“小さなイド”などなど、
印象的な作品が多数展示してありました。素晴らしい!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花冷えの夜桜 [雑記]

桜が咲き始めたと思ったら、ちょっと季節が逆戻りって感じで、
少し肌寒い日が続いて、桜も少し足踏みしているみたいですが、
朝方、ポタリングで淀川と大川の桜を眺め、日暮れてから、門
真のパナソニック「さくら広場」の夜桜を観に行ってきました。

淀川と大川の河川敷の桜、昨年の台風で枝がかなり折れていた
ので、スカスカな感じはいなめないですが、頑張って美しい花
を咲かせていましたした。
IMG_4740.JPG 
IMG_4744.JPG IMG_4743.JPG 
IMG_4747.JPG 
さくら広場の方は、肌寒いのと週末くらいが満開かなってこと
で、思ったよりお客さんが少なく、ライトアップされた夜桜の
幻想的な雰囲気を、ひとりじめって感じで楽しませてもらいま
した。美しかったです。
IMG_4770.JPG 
IMG_4774.JPG IMG_4776.JPG 
IMG_4780.JPG 
西野康造さんの"気流 風になるとき 2018”も妖しく輝いてい
ました。
IMG_4782.JPG 
新元号「令和」の発表で、にわかに万葉集と梅の花が脚光を浴
びていますが、万葉集には桜の歌は少ないそうです。
が、そんな万葉集から山部赤人の桜の歌「あしひきの 山桜花
日並べて かく咲きたらば いと恋ひめやも」。イイですね!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

咲く花や昭和は遠くなりにけり [美術館]

時折小雨が降っていて肌寒かった本日、ポタリングで、パナソ
ニックと京阪のコラボ企画「さくらまつり」に行ってきました。
IMG_4652.JPG IMG_4655.JPG 
IMG_4686.JPG IMG_4695.JPG 
本命の“さくら広場”の桜は、ちらほら咲きはじめたって感じで
少し残念でしたが、華やいだ雰囲気を少しだけ味わいました。

そして、普段は日曜日には閉まっているパナソニックミュージ
アムの“松下幸之助歴史館”と“ものづくりイズム館”も開いてい
て、平成と言うか、どちらかと言うと昭和を感じる展示をゆっ
くり眺めさせてもらいました。
IMG_4658.JPG IMG_4669.JPG 
IMG_4665.JPG IMG_4666.JPG 
日本の白物家電の衰退とともに平成の世に消えていったサンヨ
ーが1970年の万博に出展し、未来を感じさせた人間洗濯機こ
とウルトラソニックバス。
IMG_4670.JPG IMG_4673.JPG 
これはまだ実現してないし、今でも未来を感じますね!もしか
したら介護用で製品化されるかもしれませんが・・。

昭和家電の三種の神器、白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫も並んで
いたんですが、レトロな雰囲気で素敵なデザインでした。
IMG_4697.JPG 
女性の社会進出やエコ、それに高齢化社会など、平成の30年間
を家電の視点で振り返ると言う「THE 平成 KADEN」と銘打っ
た企画展示も行なわれていました。面白い!
IMG_4678.JPG IMG_4680.JPG 
IMG_4681.JPG IMG_4682.JPG 
自転車好きとしては、1980年に発売された日本初の電動アシス
ト自転車が目にとまりました。
IMG_4667.JPG 
昨今、これほど普及するとは思わなかった電動アシスト自転車
ですが、発売当初から、今、売られている電動アシスト自転車
とほとんど変わらないのが凄いですね。もちろん性能は向上し
ているんでしょうが・・。

家電ばかりではなく、植松奎二さんの“浮くかたち 垂”や宮島達
男さんの“Time Waterfall-Panel#2”、野口康さんと琢郎さん
の“絆”など、アート作品も楽しむことができました。
IMG_4659.JPG IMG_4677.JPG 
IMG_4702.JPG 

ポタリングついでに守居神社の稲荷大祭に立ち寄ってみました。
IMG_4703.JPG IMG_4706.JPG 
神社の本殿の前で行なわれていた山伏(?)の方々が般若心経
を唱えながらが護摩木を焚く“お火焚祭”。神仏習合の風情を感
じる行事です。
IMG_4714.JPG 
稲荷講の方々のぜんざいのお接待や福あめまきなども行なわれ
ていたので、ぜんざいをいただきました。
IMG_4713.JPG IMG_4712.JPG 
薪を焚いてかまどで作ったぜんざい、肌寒かったこともあって
めちゃ美味しかったです。ごちそうさまでした。

ちょっと足を伸ばして、鶴見緑地で菜の花も楽しませてもらい
ました。
IMG_4720.JPG IMG_4729.JPG 

そして、桜も咲きだしたので、季節モノって感じで、桜餅(関
西なので道明寺)を買って帰りました。
IMG_4736.JPG 
桜餅は、桜の葉ごと食べる派です。塩っぱくって美味しい!

平成も終わるのか!明日の昼くらいには新元号が発表される
みたいですね。あんまり興味ないですが・・・。

<追記>
ってことで、4月1日、新元号は「令和(れいわ)」だと言う
発表がありました。曰く、万葉集からの出典で“初春の令月に
して、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を
薫らす”と言う梅の花の歌の序文だそうです。
出典の文言も素敵ですし、凛とした風情を感じる美しい響き
の年号ですね。災害も無く穏やかで平和な時代になることを
祈るのみです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅田で満開の桜 [文楽]

春雨の土曜日。今日は、谷六にあるギャラリー「+1art」さんで
開催している陶芸家山下裕美子さん個展「石の紙」を観に行って
きました。
IMG_4636.JPG IMG_4626.JPG 
磁土を染み込ませた紙を焼くことで紙が消え、その紙の痕跡を残
した磁器が生まれる。紙のような磁器と言うか磁器だと聞いても
紙に見えてしまうような不思議な焼物を作る山下さん。アートイ
ベントなどで作品が目にとまり、なんとなく気になっていた。最
近、お気に入りの作家さんです。今回は、日常が徐々に石になっ
ていく様を表現した作品になっているそうです。
IMG_4635.JPG IMG_4627.JPG 
IMG_4628.JPG IMG_4629.JPG 
IMG_4630.JPG IMG_4631.JPG 
IMG_4633.JPG 
今日は山下さんがいらして、紙のような磁器を制作する手法や苦
労話、磁土の種類や産地によってに最適な(最も美しい白磁の出
せる)温度が有るなどなど、色々と興味深い話を聞かせてもらい、
楽しい時間が過ごせました。ありがとうございました。

時分時になったので、谷六の「橋の湯食堂」さんで、肉じゃがコ
ロッケと松浦港アジフライのミックスフライ定食を所望。
IMG_4625.JPG IMG_4624.JPG 
サクサクでジューシーなアジフライ、めちゃ美味しかったです。

そして次は、梅田に移動して、グランフロント大阪北館4Fのナレ
ッジキャピタルナレッジシアターで「5th Anniversary うめだ文
楽2019」を拝見。
IMG_4643.JPG 
演目は、楽しくっておめでたい“二人三番叟”と、桜の季節はこれ
でしょうって感じで、満開の桜の中で静御前と狐忠信が踊る “義
経千本桜~道行初音旅”。
出演は若手中心で、浄瑠璃は豊竹希太夫さんと竹本小住太夫さん
に三味線は鶴澤寛太郎さん、鶴澤清公さん、鶴澤燕二郎さん。
そして人形、二人三番叟の方は、桐竹勘次郎さん、桐竹紋吉さん、
桐竹勘介さん、吉田簑太郎さん、吉田玉誉さん、吉田玉延さん。
道行初音旅の方、静御前は吉田簑紫郎さん、吉田勘次郎さん、吉
田簑之さん、狐忠信は吉田玉勢さん、吉田簑太郎さん、吉田玉彦
さんでした。
幕間のトークセッションでは、ゲストに、著作“あやつられ文楽
鑑賞”や“仏果を得ず”など文楽を題材にした作品でもお馴染み、
文楽好きで知られる作家の三浦しをんさんをむかえ、学芸員さん
の休日の過ごし方ってテーマで、筋トレにはげむ簑紫郎さん、し
をんさんの新作を読む勘次郎さん、子供と鼻うがいをしている清
公さん、リゾート風に貫禄たっぷりにくつろぐパンチパーマの勘
介さんが登壇し、楽しい話を聞かせてくれました。

お土産に塩昆布の老舗「神宗」さんの神宗の生姜(昆布入り)を
いただきました。
IMG_4646.JPG 
朝ごはんのおともで食べさせてもらいます。感謝です。

文楽の帰り、阪急うめだ本店9Fの阪急うめだホールで開催されて
いるオートマタ作家武藤政彦さんの個展「ムットーニ シアター in
HANKYU」を覗いてみました。
IMG_4647.JPG 
古いラジオやジュークボックスのような箱の中で繰り広げられる
機械仕掛けの人形たちと光と音楽の共演。骸骨が踊る“ラジオ・ノ
アール”、天使がせり上がる“ヴィエナ”、宇宙都市に夢を馳せる親
子“ギフト・フロム・ダディ”、ジャングルがステージに変わる“ジ
ャングル・パラダイス”などなど、ノスタルジックで幻想的なオー
トマタの世界を堪能しました。会場内の3カ所で順番に動き出す装
置をめぐりながらひとつひとつの仕掛けを楽しませてもらいました。
めちゃ面白かったです。
IMG_4649.JPG IMG_4650.JPG 
写真は撮れなかったのでパネルで雰囲気だけでも。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感