So-net無料ブログ作成

寄席で避暑 [落語]

梅雨が明けてから猛暑つづきでげんなりって感じで、今日は、
暑さを避けて涼しく落語を聞こうと思い、動物園前の道楽亭
の昼席に行ってきました。
67887077.jpg 
今日の演目。開口一番は、弥っこさんで“真田小僧”。ませた
子供が、お母さんの秘密を教えると言って、話を小出しにし
ながらお父さんから小遣いをだまし取るって噺。

次は、二乗さんで“天狗さし”。アホな男が天狗(烏天狗)の
すき焼き屋をやろうと思い立ち、知り合いに天狗の居る場所
を聞いて、京都の鞍馬山だと教えてもらい、天狗を捕りに行
くが、間違えて奥の院のお坊さんを捕まえるって噺。

そして、しん吉さんは、次の紅雀さんがまだ来てないってこ
とで、紅雀さんが来て準備が整うまでの時間を確保する感じ
で、いくらでも話が広げられると言うお得意の鉄ちゃんネタ
で“駅名選定委員会”。大阪環状線の各駅が集まってカタカナ
のセカンドネームを付けるって噺なんですが、マキノ駅や京
セラドームの最寄り駅だと間違われる京セラ前駅なども登場
し、若干鉄分多めの私としては、楽しい新作落語でした。

夏休みのお子さんの世話でバタバタしていて、ギリギリなん
とか到着した中トリの紅雀さん、なんだか妙にハイテンショ
ンの“住吉駕籠”。前のめりの勢いで演じるベロベロの酔っぱ
らいの風情で笑わせてもらいました。

中入後は、打って変わって独特ののんびりしたテンションの
わかばさんで“野ざらし”。有名な落語ですが、私的には上方
落語としてはあまりお目にかからない噺のような気もします。
中之島に釣りに行くんだ!なんて思いながら聞かせてもらい
ました。

最後は、夏の噺って感じで塩鯛さんの“船弁慶”。気の置けな
い友達たちと舟遊びに出かけることになった男、いつも「弁
慶はん(自腹で遊ばず、いつもお供で遊びに来る人を揶揄し
た隠語)」とバカにされるので、今回、自分を弁慶と呼んだ
ら割り勘を払わないと言う約束で出かけたが・・遊んでいる
ところを奥さんに見つかって夫婦喧嘩の末に大川で船弁慶を
演じるって噺。涼しい寄席で柔らかな座椅子に包まれ、夢心
地で聞かせてもらいました。

落語前の腹ごしらえは、天王寺にある明石焼きのお店「たこ
八」さんでとん平定食。
67779849.jpg 67597417.jpg 
とん平焼きはなんとなくおかず感があるので、あんまり違和
感無くごはん&味噌汁と食べられます。美味しい!

落語の後、今使っている、今年でサポートの終わるWindows
7(更新プログラムが送りつけられるたびにどんどん遅くなって、
最近はネットを見るのもストレスな状態)のパソコンを、そろそ
ろ買い換え検討をしようかと思い立ち、日本橋の電気街で中古
パソコンを物色。
あまり食指の動くようなパソコンはなかったので、路地裏にあ
る「マドラス」さんでカツカレーを食べてそそくさと退散しま
した。
67760058.jpg 67667258.jpg 
大阪独特の甘辛のルーが美味しいカレーで、たまに食べたくな
ります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新世界で落語とアート [落語]

梅雨らしくシトシトと雨の降る中、動物園前の道楽亭に昼席を
聴きに行ってきました。
IMG_7010.JPG 
本日の演目。先ずは、弥っこさんで“いらちの愛宕詣り”。次は、
そうばさんで梅雨時らしいと言えばらしい雨の風情が出てくる
“笠碁”。そして何故かめくりに名前の無かった喬若さんで“粗忽
長屋”、有名な噺ですが、関西ではあんまり聞かないネタのよう
な気がします(たまたま私が聞いてないだけだと思いますが)。
中トリは、団四郎さんで夏らしいお化けの出てくる(と言って
も三味線の音だけですが・・)人情噺“立ち切れ線香”。
中入後は、三風さんの新作落語“アバタラ人がやってきた”、ま
くらで闇営業の話をチラリ、落語の方も昨今話題の外国人労働
者の話。最後は、これまた夏の噺で雀三郎さんの“遊山船”、梅
雨が明けたら大川を船が行き交う天神祭り、船の上と橋の上と
で大阪締めをしたりするので、なんとなくですが遊山船の描く
落語の世界を感じることができます。勢いの有る雀三郎さんの
遊山船大好きです。

落語の帰り、新世界にある小さな多国籍ホテルHOME HOSTEL
OSAKAの1階奥のギャラリースペースでやっているアートイベ
ント「紹介したい作家達展」を覗いてみました。
IMG_7018.JPG IMG_7016.JPG 
海外からのお客さんが多いホテルだそうで、ロビー奥に畳敷き
の団らんスペースが設けてあり、そこを使って定期的にアート
作品を紹介しているみたいです。
今回は、Ajuさんをはじめ、16名の作家さんが紹介してありま
した。
IMG_7012.JPG IMG_7014.JPG 
IMG_7015.JPG 
今日は、このイベントを主催している方と作品を出展している
西平大貴さんと言う細密な木版画の作家さんがいらして、少し
だけですがお話を聞かせていただきました。ありがとうござい
ました。でも、宿泊客でも作家さんの知り合いでもない人が、
ふらっと入ってくるのはかなり珍しかったみたいです。
展示会自体は7月31日までやっていて、7月27日と28日の昼過
ぎからAjuさんのライブペイントが行なわれるみたいです。

落語前の腹ごしらえは、「アベノ珉珉」さんで皿うどん(柔ら
か太麺)をいただきました。
IMG_7007.JPG 
大阪で揚げた細麺以外の皿うどんは珍しいですが、お酢をたっ
ぷりかけて食べる太麺の皿うどんボリュームもあって美味しか
ったです。

帰りに、天王寺のてんしばに有る「産直市場よってって」さん
で和歌山の桃とめはりずしと刺身蒟蒻を購入。
IMG_7021.JPG IMG_7022.JPG 
高菜の古漬けで巻いてある素朴な風味のめはりずしも桃もめち
ゃ美味しかったです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

摂津でジャッキさん [落語]

薄雲が広がり非常に蒸し暑かった今日は、G20の影響がありそ
うな大阪市内には足を向けず、桂雀喜さんの落語会「第114回
ジャッキー7」を聴きに摂津市民文化センター(いきいきプラ
ザ)に行ってきました。(淀川を渡る感じになるので、なんと
なく心の距離があったんですが、行ってみたらけっこう近かっ
たです!)
65936969.jpg 65422890.jpg 
令和最初のジャッキー7の演目は、二豆さんの“煮売屋”。雀喜
さんの“軽業”。そして、楽珍さんの“蒟蒻問答”。最後は雀喜さ
んの“饅頭こわい”でした。

二豆さんの“煮売屋”と雀喜さんの“軽業”は、どちらも喜六と清
八が、お伊勢まいりに行く旅の噺。テーマを絞った落語会でも
ない限り、寄席や落語会では同系統の噺をあまりしないんです
が、続き物みたいな感じで(“東の旅”の一連の中の噺なので、
ある意味、続き物みたいなものですが・)、面白かったです。
二豆さんの“煮売屋”は、小拍子と張扇で軽やかにリズムを刻み
ながら話を進めるいかにも前座噺って感じで、内容云々よりも
音楽を聞くように楽しく聞かせてもらいました。
雀喜さんの“軽業”の方は、露店の怪しい見世物小屋(一間のオ
オイタチや天竺の白孔雀など)の風情と扇子と指で演じる軽業
が見せ場で、細かな指技が軽業に見えるから、想像力の芸と言
われる落語は面白いですね。
旅と言えば、まくらで曰く、雀喜さんは夏に毎年、青春18切符
で遠野まで行かれているそうです。凄い!

次は楽珍さん。G20や闇営業、顔が似ているゴーンさんやお孫
さんの話などなど面白くって長いまくらの後に、けっこう端折
って“蒟蒻問答”。

そして雀喜さんの“饅頭こわい”。ちょうど先日、水辺のまち e-
よこ逍遥2019でフラメンコを見に行った時に確認した本町の
曲がりと農人橋のイメージが残っていたので、リアルに情景を
思い浮かべながら話を聞かせてもらいました。
最後の饅頭を食べるシーンを見ると、甘党の私としては無性に
饅頭が食べたくなります!笑

中入無しの2時間、じっくり落語を楽しみました。度々行きそ
うな気がします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

のんびり落語 [落語]

一昨日、昨日と瀬戸内のアートめぐりで、楽しいながらも
けっこう体力を使ったので、今日はのんびり過ごそうと思
い落語を聴きに道楽亭の五月昼席に行ってきました。
60900626.jpg 

今日の演目は、開口一番、弥太郎さんで“転失気”、知った
かぶりの人々の話で、転失気(てんしき)と言う謎の言葉
をめぐり、知らないのひと言が言えないばかりに・・・・
って話。身につまされます。。。

次は、雀五郎さんで、ちょっと時季は過ぎましたが5月の
風物詩って感じで“野崎詣り”、落語の野崎詣りは心中とか
言う暗い話ではなく、お参りの道中、川で行く人と堤を行
く人が口喧嘩をして縁起を担ぐと言う陽気な話。
いつものようにまくら無しで落語に突入の雀五郎さんのあ
る意味つかみどころの無い雰囲気もあいまって面白かった
です。

そして、紅雀さんで“さかさま盗人”、貧乏長屋に泥棒に入
った男、部屋に居た男は博打で負けてすっからかん、殺せ
殺してくれと騒ぐ男に往生し逆に金を渡してしまうと言う
話。パワフルな紅雀さんの加害者と被害者の逆転劇に笑わ
せてもらいました。

中トリは、笑福亭鶴光さんのお弟子さんで学光さんの“西
行鼓ヶ滝”、道楽亭は米朝一門の方々の寄席なので若干ア
ウェイな感じを醸し出しながら、川柳を書いた紙を持参す
るなど色々趣向を凝らした話を聞かせてくれました。

中入後、今度は林家一門の菊丸さんで“四人くせ”、今日の
客席の空気感からのまくらなのか、舞台を交代するときに
客席の雰囲気を伝え方にも色々な符丁が有ると言う話から
四人くせの話。やっぱりちょっとアウェイな感じだったの
かな?

最後は、仁扇さんで“つぼ算”、いきなり水壺を買いに行く
くだりから入るパターンをよく聞くんですが、水壺が割れ
るまでの経緯の部分からしっかり聞かせてもらったのは久
しぶりの様な気がします。値切り方と言うか摩訶不思議な
計算法で安く買う徳さんと瀬戸物屋の番頭さんとのやり取
りは、何回聞いても笑います。

いゃ~!それほど多くもないお客さんに混じって、のんび
りさせてもらいました。楽しかったです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春雨の落語 [落語]

昼過ぎからパラパラと春雨が降りはじめた日曜日。今日は、
動物園前の道楽亭に四月度昼席を聴きに行ってきました。
57348097.jpg 
本日の演目、先ずは、何故か自力で囲碁の勉強をしてい
てけっこう筋が良いと言う(2番手のひろばさんのまくら
で曰く)小鯛さんの“ちりとてちん”。
次は、師匠ざこばさんの囲碁の相手をするために一門の方
々といっしょに囲碁教室で勉強していると言うひろばさん
で囲碁のネタ“笠碁”。
そして、奥さんとお子さんは25000円のアイススケートシ
ョーを見に行き、ご本人は仕事で愛媛に行くのに節約して
バスで往復したのに、奥さんから交通費が高いと言われた
と吠えていた紅雀さんの“湯屋番”。
中トリは団六さんで、講談のような赤穂義士の“神崎与五郎
外伝”。息子が殺されたのに息子を殺した子供を我が子に迎
え神崎与五郎の誕生と言う不思議な話です。
中入り後は、どちらも騙し騙される話で、生喬さんの“時う
どん”と、最後は、松枝さんの“牛の丸薬”でした。

落語前の腹ごしらえは、電気街恵美須町の裏路地にある老
舗のかつ丼の店「こけし」さんで、とんかつ丼をいただき
ました。
57277765.jpg 56842727.jpg 
ちょっと薄めのカツと玉ねぎと玉子の一体感が絶妙なかつ
丼って感じで、美味かったです。
メニューはかつ丼とかつカレーのみと言うちょっと不思議
なお店、カツの枚数や玉子の量やごはんの量、あと別盛り
などが選べるシステム。それと沢庵が無くなったら追加ど
うですか?声をかけられます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花粉じゃないけど鼻をすする落語 [落語]

曇天模様だは、花粉は飛んでるはで、一日パッとしない天気
だった桃の節句の本日、ひな祭りとまったく関係ないですが、
いつものようにまったりした時間を過ごそうと、道楽亭の昼
席を聴きに行ってきました。
52964887.jpg 
今日の演目。開口一番はりょうばさんで“強情灸”、師匠の塩
鯛さんからは勢いだけで、そんなに面白くはないけどね?と
言われながら稽古をつけてもらった噺だそうですが、なんと
なく意地っ張りの江戸っ子の話ってイメージの強いネタです。
確かに勢いはありました!

次はそうばさんの新作落語“必殺仕分人”、あくまで主観で共
感は得られないと思いますけどと言いながら、自分には大切
なモノが他人には無駄なモノだったり、そして最後は自分が
仕分けられるって噺。身につまされます。

そして宗助さんの“稲荷俥”、怖がりの車夫が謎の男を人力車
で高津神社から産湯稲荷神社まで送ると、その男、産湯稲荷
の使いだと車夫をからかって無賃で去って行く。が、大金を
人力車に忘れてしまって大騒ぎって噺。

中トリはわかばさんで“悋気の独楽”、やきもち焼のごりょん
さんと店の人々とのやり取りが面白い噺で、三つの独楽を回
して旦那の独楽がごりょんさんの独楽から逃げてお手掛けさ
んの独楽によっていくオチがなんともおおらかだし、わかば
さん演じるごりょんさんに詰められて困ったお店の人や定吉
の表情がイイ感じです。

中入後は米輔さんの“道具屋”、無職でやる気も何も無い男が、
おじさんの仕事の道具屋を手伝う噺ですが、露店商っぽい風
情と、甥っ子はまったくやる気が無いけど、ゆるい繋がりの
まわりの助けで、なんとなく生きていけるって雰囲気が、け
っこう好きなネタです。

最後はよね吉さんの“幸助餅”、ちょうど来週から三月場所も
始まるんですが、そんなお相撲さんとご贔屓が過ぎてお店を
つぶしたタニマチ(谷町)の旦那が出てくる人情噺。道楽亭
の昼席ではがっつりの人情噺を聴く機会は少ない気はします
が、客席がよね吉さんの話に引き込まれて、あちらこちらか
ら軽く鼻をすする音がしていました。いゃ~!泣けました!

落語の前の腹ごしらえは、天六のスパゲティ屋「パスタ小僧」
さんで、たっぷりきのことベーコンのオイルパスタ白トリュ
フ風味をすすりました。
52964894.jpg 53366852.jpg 
たっぷりのきのこの隙間に麺がちらほらって感じで、美味し
かったです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

季節感バラバラの落語 [落語]

立春過ぎて大寒波って感じの2月の3連休の初日。今日は、
愛用の折り畳み自転車の調子が悪くなったので、北浜の
ローロサイクルワークスさんに自転車を持って行ったつ
いでって訳でもないですが、道楽亭の昼席を聴きに行っ
てきました。

ローロさんに自転車を預けた後、少し歩いて船場センタ
ービルの地下にあるしゅうまいが有名な中華料理店「華
風料理 一芳亭」さんでしゅうまい定食をいただきました。
51620061.jpg 51729516.jpg 
ほのかに黄色い薄焼き卵の皮に包まれた柔らかなしゅう
まい、めちゃ美味しい!

お腹も膨れたので、寒空の中、動物園前に移動して道楽
亭の昼席を聴きに。
51570559.jpg 
本日の演目。開口一番は九州のお寺で雅楽の出囃子で高
座に上がったと言う優々さんで“転失気”、恥をかきたく
ないと知ったかぶりしたらもっと恥をかくって話。
次は鯛蔵さんで“皿屋敷”、会場は暖かかったですが、こ
の冬一番と言う寒波の中でお化けの話。
そして米平さんで“猫の茶碗”、松竹座でやっている上方
落語の祖米沢彦八の舞台演劇天下一の軽口男の合間って
ことだそうです。
中トリは歌之助さんで“寝床”、テンポの良い言い訳の数
々と肩を震わせながら浄瑠璃を語る旦那さんの姿で笑わ
せてもらいました。
中入後にあさ吉さんの“青菜”、これも夏の話なんですが
・・・あさ吉さん独特の揺らぐようなテンポで冬に聞く
青菜もイイもんですね。
最後は出丸さんで“高津の富”、寒いし、あさ吉さんの笛
が良いので不動坊をやりたかったみたいでしたが、今日
のネタのとっ散らかり加減をちょっと愚痴ったり、競馬
の必勝法を伝授したまくらの末に富の話でした。面白か
ったです。

帰りに、恵美須町にあるご当地インスタントラーメン専
門店「やかん亭さくら 総本店」さんでマルタイの久留米
とんこつラーメンを買ってみました。
51593579.jpg 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

道楽亭で初笑 [落語]

今日は爽やかに晴れた成人の日。晴れ着のお嬢さんもちら
ほら見かけ、街に華やいだ雰囲気が漂う中、初笑いって感
じで、道楽亭に一月昼席を聞きに行ってきました。
49938057.jpg 
本日の演目は、先ずは、優々さんで“子ほめ”、まくらでは
やたらと噛みまくりでしたが、本編は大丈夫で楽しい話を
聞かせてくれました。

次は、そうばさんで“代書”、代書は枝雀さんのイメージが
強過ぎて、やる方も工夫のしどころって感じなんでしょう!
かなりの変化球って感じで、印鑑が割れ目の上の方に紛れ
込んでいてビックリ!けっこう笑わせてももらいました。

そして、紅雀さんで“宿替え”、これも枝雀さんのイメージ
が強いですが、こちらはなんとなく枝雀さんの雰囲気もあ
りつつ、エネルギッシュな紅雀さんの勢いに引き込まれた
感じで笑わせてもらいました。

中トリは、枝三郎さんで“池田の猪買い”、亥は今年の干支
ってことで、はじめから決めてらしたのかもしれませんが、
ちょいと迷走している風にも見えるくらい色々な方向に転
がりそうなまくらで、あまり多くない客席を探りながら本
編へ。皆が膨らませる部分をけっこう大胆に削ったダイジ
ェスト的な内容でしたが楽しめました。

中入後は、道楽亭では珍しい曲芸で豊来家幸輝さんの太神
楽、一月新春の寄席ってことでお祝いの風情があってイイ
感じでした。でも道楽亭は天井が低いので膝をついての上
半身だけで技を披露するのはかなりしんどそうでした。素
晴らしかったです。

トリは仁扇さんで“首提灯”、落語は同じネタでも東京と上
方でディテールが違うと言う噺はたくさん有りますが、こ
の“首提灯”は、東京版と上方版では、まったく違う噺で、
上方だと前半部分だけを上燗屋(酔っ払いが居酒屋店主に
くだを巻く話)と言う題でよく耳にしますが、つづきの部
分を聞いたのは久々でした(こちらも、いくつかバージョ
ンがあるみたいですが、今回は首を斬らないパターンで、
橋の下で寝ている人が、毎晩仕込み杖で殴られると言う奴
でした)。ちなみに東京版は、酔っ払いがお侍にからんで
居合抜きで首を斬られると言うけっこうシュールな話です。

道楽亭の看板がいつの間にかキレイになってました!
イイ感じです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

道楽亭も10周年か [落語]

今日も穏やかに晴れて師走っぽくない気温の日曜日。秋から
アートめぐりでバタバタしていて、そう言えば落語を聴いて
なかったな~!なんて思い出し、温かいと言っても師走なの
で、今年最後になるかもしれないな!なんて思いながら、動
物園前の道楽亭の十二月昼席を聴きに行ってきました。
47194388.jpg 
今日の演目は、師走ってことで季節柄の噺が多めで、先ずは、
冬の寒い晩に熱々のうどんが美味しい小鯛さんの“時うどん”。
次は、寒さに負けないために猪鍋ってことで鯛蔵さんの“池田
の猪買い”。そして、季節とはまったく関係無く我が道を行く
雀喜さんで“中学生ブルース”。中トリは、これまた我が道を
暴走する紅雀さんの“寝床”で大笑いさせてもらいました。
中入後は、米二さんの道具屋でほっこりした気分になり。最
後は、これぞ師走の噺ってことで米平さんの尻餅、師走に無
い無いづくしの夫婦が餅つきをしている風を装おうと奥さん
のお尻を叩いてペッタンペッタン音を立てるという面白い噺
です。

道楽亭が10周年ってことで、記念に12月は毎日抽選会を行な
って、毎回、お客さん10人にざこばさんの手ぬぐいが当たる
そうです。
47258865.jpg 47235980.jpg 
今日は、良いのか?悪いのか?外れる人の方が少ない日だっ
たおかげで、この手のモノにあまり当たったことの無い私も
手ぬぐいがいただけました!ありがとうございます。

落語の前の腹ごしらえは、恵美須町駅近くにある「そば処 日
本橋 まる栄」さんで名物のカツ丼。
47193952.jpg 47203982.jpg 
移転(と言っても近くですが)してお店はキレイになってま
したが、二重に大きなトンカツがのった満腹系のカツ丼は健
在でした(これで普通サイズです)。
年齢のせいか、そろそろこの量を食べるのが苦しくなってき
ました!涙

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

災害続きの週だったので気分を変えに寄席へ [落語]

関西方面は週明けに台風21号が直撃し、関空は水没するは、
猛烈な風で屋根は飛ぶ!車は転がる!電柱や木がなぎ倒さ
れる!などなどの被害でエライ事になったと思っていたら、
北海道では地震で地滑り、液状化、全道ブラックアウト!
どうなってるんだ今年は?ってなくらい災害が続きますね。

幸い私自身は何事も無かったので、今日は気分転換にそぼ
降る雨の中、道楽亭に九月度昼席を聴きに行ってきました。
41250434.jpg 
今日の出演は、慶治朗さん、吉の丞さん、出丸さん、米輔
さん、団朝さん、米紫さん。

開口一番は慶治朗さんで“子ほめ”、お馴染みのネタですが
なんとなく間の感じが心地良くって面白かったです。

次は、吉の丞さんで“犬の目”、現代版の怪しい老先生のま
くらから本編に入って目を取り出す描写などがちょっと生
々しくって夏の名残のホラーって感じで聞かせてもらいま
した。

そして、出丸さんの“がまの油”、大道芸の噺の前に出丸さ
んの趣味の手品を披露(と言うか手品の道具の紹介?)!
落語も含めて楽しませてもらいました。つぶれたコーラの
缶が戻る手品の話は手品じゃないだろうと思いましたが。

中トリは、米輔さんの“親子茶屋”、大店の若旦那とおとっ
つぁんが茶屋遊びをしているけど、そこはかとなく上品な
感じが素敵な米輔さんの噺でした。

中入り後、団朝さんは落語はしゃべらずまくらのみ、3月
の道楽亭昼席でトリのなった日のお客さんが少なく、その
日に初めて落語を聞きに来たと言うカップルを食事に連れ
て行ったという話と、昨日来た人に今日も来たら終演後の
宴会に招待すると言ったら本当に来た人がいてビックリと
言うまくら噺について、演目名を当てたらその人も宴会に
ご招待って事に。演目名当てクイズの正解は“あぁ西成パ
ート2”でした!
終演後、団朝さんが道楽亭出口下でお見送りをしてらした
んですが、演目名を当てたお客さんいたのかな?笑
41435196.jpg 
トリは、米紫さんさんで“宮戸川”、落語は若い男女の色っ
ぽい話のめちゃ良いところで終わると言うモノです。が、
それより台風で米紫さんの家の壁がはがれたと言うのに
ビックリ!大阪は今年、地震もあたので、業者さんの手が
回んなくって見積りをしてもらうだけでも時間がかかるっ
て事でした。大変です!

落語前の腹ごしらえは、天王寺のアポロビルにある洋食屋
「ビストロ スタンド FUJI」さんでビフカツランチ。
41181748.jpg 
41210528.jpg 41368476.jpg 
めちゃお得なランチで、前菜でカルパッチョと食後にアイス
もついて899円。ビフカツもボリュームがあって美味しい!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感