So-net無料ブログ作成

音を残すのも大変 [美術館]

今日は上本町にセミナーを受けに行ったので、帰りに谷六に
あるギャラリー“+1art”さんでやっている「日本美術サウン
ドアーカイブ 今井祝雄(Two Heartbeats of Mine)1976
年」を覗いてみました。
53544621.jpg 52983088.jpg 
ギャラリースペースは、不規則に回るエンドレステープから
再生された心音が、2つくっ付けて吊られたスピーカーユニ
ットから響き、独特の緊張感につつまれていました。
53046601.jpg 
ご店主さんと話をしてたら、展示を見に来た20才の学生さん
が、テープもスピーカーも初めて見たと言ってたそうで、記
録媒体が変わるってことは、音響系ばかりではなく色々なア
ートも変わっていくんだろうな~!と、楽しみでもありつつ
寂しくもあり。ご店主ご夫妻さんといっしょになんとなくし
んみりとしてしまいました。(20才の学生さんにとっては、
音ばかりではなく、テープを再生する機械もスピーカーユニ
ットも、それ自体がアート作品に見えてのかもしれません)
音響の作品以外に、鏡を使ったポートレート写真、メトロノ
ームのスコア、心電図、白いヴァイオリンのレリーフなどが
展示してありました。

上本町での昼ごはんは「デリカフェ ビー」さんで小洒落た感
じのホイコーローランチをいただきました。
53110627.jpg 
野菜ソムリエの方の店ってことで、野菜も美味しかったです。

アートを見た後の晩ごはんは、せっかく空堀商店街近くに来
たので、ハンバーグで有名な「洋食の店 もなみ」さんでハン
バーグセットをいただきました。
53078622.jpg 52997078.jpg 
豆腐ののったたっぷりのサラダに大きなハンバーグ(おまけの
エビフライ付き)で満腹!めちゃ美味しかったです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅と刀 [美術館]

ぽかぽか陽気だった今日は、大阪天満宮の“てんま天神梅
まつり”の「盆梅と刀剣展」を見に行ってきました。
IMG_4368.JPG IMG_4361.JPG 
IMG_4360.JPG IMG_4366.JPG 
広間では、メインの盆梅の数々とともに、源義家(八幡太
郎)が愛用していたと言われる壺井八幡宮所蔵の太刀銘安
綱“天光丸”など、数点の刀剣も展示され美しく妖しい光を
放っていました。
DSC02127.jpg DSC02130.jpg 
DSC02134.jpg DSC02166.jpg 
DSC02171.jpg DSC02172.jpg DSC02126.jpg DSC02149.jpg 
DSC02160.jpg DSC02163.jpg 
DSC02154.jpg 
また、梅の間に、天満宮さんが所蔵する伝狩野元信の“怒
り天神”や海北友松の“渡唐天神”、それに文字絵天神の掛
軸も飾ってあり、ボランティアの方々の解説付きで拝見
することができました。
IMG_4355.JPG IMG_4349.JPG 
境内では、陶器市や猿まわしなどの大道芸もやっていて、
春の日差しの中で賑わっていました。

そして盆梅展を見た後、大阪城の梅林にも行ったんですが、
こちらは早かったのか?遅かったのか?は分かりませんが、
ほとんど梅が咲いてなくって、ちょっと残念でした。。。
IMG_4375.JPG IMG_4378.JPG 
DSC02177.jpg DSC02183.jpg 
DSC02186.jpg DSC02188.jpg 
DSC02191.jpg DSC02205.jpg 
梅は少なかったですが、人出は満開って感じですごく賑わ
ってはいました!

昼ごはんは、大阪天満宮近くにあるPIZZERIA ACCENTO
(ピッツェリア アッチェント)さんで、マルゲリータプロ
シュートコットのランチをいただきました。
IMG_4344.JPG IMG_4343.JPG 
プロシュートコットはイタリア産の加熱ハムのことだそう
で、それがのったマルゲリータ。ハムの塩気がイイ感じに
アクセントになって美味しかったです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬にお盆の映画 [美術館]

冷たい風は吹いてましたが、春っぽい日差しになってきたな、
なんて思いながら、今日は、“ナビィの恋”の中江裕司監督の
ドキュメンタリー映画「盆唄」を観に行ってきました。
IMG_4288.JPG 
東日本大震災にともなう原発事故のために帰還困難地区にな
り故郷を離れざるをえなかった福島県双葉町の人々が伝統の
盆唄(盆踊りの時にやぐらの上で演奏される音頭)を残そう
と奮闘する映画で、双葉町の方々の置かれている難しい現実
を映し出しながらも、富山から福島、そしてハワイへとつな
がる盆唄の歴史と未来。そして諸々の事情で故郷を離れなが
らも移った先で、帰れない故郷を深く思いながら力強く生き
る人々の中に希望を感じられる素敵な映画でした。
100年前にハワイに移住した日系の方々が受け継いだ盆踊り
の中に福島の盆唄(ほぼ原型のまま)が生きていることにも
驚きましたし、双葉町の盆唄が日本で絶えたときのためにハ
ワイの人々に伝授しようとする姿に、双葉町の置かれている
過酷な現実を垣間見た気がしました。
また、江戸時代の飢饉で東北で多くの人が亡くなり、荒れた
地に富山から移住してきた人たちの苦難の歴史が、池亜佐美
さんの温かみのある手書きのアニメーションで表現されてい
ました。
最後は20分は、仮設住宅の地で復活した双葉盆唄のやぐらの
共演、双葉町の色々な地区に伝わる盆唄が、次々と披露され、
太鼓と笛のリズムにのった独特の節回しの伸びやかな歌声に
酔いしれ、盆唄が頭の中でループしました。

今日は、上映後に中江監督の舞台挨拶もあり、監督曰く、震
災直後に写真家の岩根愛さんに福島を撮らないかと誘われた
時は、かかわりが薄い自分が撮るのは違うと思い断ったそう
ですが、別の仕事で沖縄とハワイの日系の方々との交流を取
材する中で、ハワイの日系の方々に伝わっている盆唄と福島
がつながり、今回の映画に導かれた言うことでした。
IMG_4294.JPG 
素敵なお話をありがとうございました。

映画の後は、ホワイティうめだの「たこ梅 東店」さんで、熱
々の関東煮(おでん)定食をいただきました。
IMG_4297.JPG 
おでんはもちろん美味しいんですが、おでんのダシでつくる
素麺の入ったお汁も好きです。

お腹も膨れたので、次は難波に移動してギャラリーめぐり。
先ずは、「特定非営利活動法人キャズ(CAS)」さんで、今日
までやっていた「COVER IV展」を拝見。
IMG_4300.JPG 
カバーと言うタイトル通り、オマージュって感じで、ゴッホ、
ピカソ、ロスコなどの作品をカバーした川口洋子さん、日下
部一司さん、黒瀬剋さん、杉山卓朗さん、堀尾昭子さん、山
崎亨さんの作品が展示してありました。面白い!
IMG_4304.JPG IMG_4305.JPG 
IMG_4307.JPG IMG_4309.JPG 
IMG_4306.JPG IMG_4311.JPG 
IMG_4308.JPG IMG_4310.JPG 
ビルの入口スペースの「Gallery 1963」さんでは、工藤玲那
さんの個展「shi-ha-ha-ha-z」も行なわれていました。イイ
感じです。
IMG_4314.JPG 
IMG_4315.JPG IMG_4317.JPG 
次は、「TEZUKAYAMA GALLERY」さんで、これまた今日ま
での開催していた「RE: FOCUS vol.4」と「継ぎ接ぎ展」を
拝見。
IMG_4320.JPG 
「RE: FOCUS vol.4」では、岩田小龍さんのポップなブラン
コの絵、大江慶之さんの2人の人物が融合した髑髏のようなド
ローイング、小池一馬さんの枝がちょっと邪魔?な感じの仏
像の絵、住吉明子さんの不思議でカワイイ動物たち、髙倉大
輔さんのおしゃれで不思議な写真が飾ってありました。
IMG_4334.JPG IMG_4333.JPG 
IMG_4335.JPG IMG_4332.JPG 
IMG_4331.JPG IMG_4336.JPG 
隣の部屋の「継ぎ接ぎ展」の方では、厚地朋子さんのシュルレ
アリスムのような不思議な風景画、井田大介さんのとろけたよ
うな彫刻、山下耕平さんの無数のGoogle検索やボールや石が
織り成す世界を楽しませてもらいました。
IMG_4324.JPG IMG_4321.JPG 
IMG_4325.JPG IMG_4322.JPG 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅田で江戸の話 [講談]

今宵は、いつもお世話になっている梅田にあるジャズバー
パイルドライバーさんに、今回10回目だと言う恒例の玉田
玉秀斎さんと旭堂南照さんの「講談二人会」を聴きに行っ
てきました。
52598999.jpg 
先ずは、旭堂南照さんで藤沢周平さんの“驟(はし)り雨”
の朗読講談。
とある商家に盗人に入ろうと通り雨が止むのを、神社の陰
に潜んでいた男の目の前で繰り広げられる人間模様と言う
人情話。盗人が哀れな親子を助け・・・講談の常套句、さ
ぁ~!この続きが気になるってところで終わる話でした。
グッと情ののった南照さんの語りで、切ないながらもなん
だかほっこりした気分になれました。

次は、玉田玉秀斎さんで正に今のシーズンの噺って感じで
寛永三馬術から“愛宕山 梅花折り取り”。
関西や落語でお馴染みの京都の愛宕山ではなく、江戸の愛
宕山の噺。徳川家光が愛宕山の愛宕神社に登る急な石段の
上に咲いた梅の花を見つけ、馬で上って取ってこいと無茶
を言い出す。怖気づいて仮病を使う者や挑戦して大怪我を
する者がでる中、丸亀藩の曲垣平九郎が見事愛馬で石段を
駆け上がり、見事、梅の枝を取って、馬乗り名人の名を轟
かせる。が、その馬術を盗もうとする奴があらわれて・・
ってところでお仕舞!玉秀斎さんのテンポの良い話に引き
込まれました。

晩ご飯は、大阪駅前第4ビルにある「グリル 欧風軒」さんで
ハンバーグ定食をいただきました。美味しい!
52465995.jpg 
そして、世界中を飛び回っているエミコさんが、パイルさん
に預けたロンドン土産のバレンタインデーのプレゼント。
rita FARHIのけっこう辛い豆菓子をいただきました。
ありがとうございました。
52474439.jpg 

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

羽ばたくアート [美術館]

2月も終わりに近づきそろそろ卒業の季節ってことで、今日は
寒空の京都に出向いて、毎年楽しみにしている「2018年度 京
都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展」にお邪魔して、若い
方々の元気なアート作品をたっぷり味わってきました。
IMG_4275.JPG IMG_4276.JPG 
大階段を上った人間館では、建築や環境デザインなどの展示と
大学院の修了展で行なわれていました。
DSC01813.jpg DSC01814.jpg 
カラス目線のお金の話や石清水八幡宮の巫女さんの楽しいおみ
くじ、通路の上にはセクシーなREMAさんの巨大なオブジェ!
DSC01819.jpg DSC01824.jpg 
DSC01827.jpg 
それを抜けると大学院生の修了展が行なわれていて、CHEN
POU YUさんの極彩色のコラージュ、LIU YUHANさんのキャ
ンドルケース、丹羽優太さんの生々しい襖絵、kao Zih-ting
さんの美しい幽霊の絵、下寺孝典さんの屋台と舟自転車、村
上由季さんのヒマラヤ杉、河野ひかるさんの民藝、中村ヒカ
リさんのゴツゴツオブジェなどなど。
DSC01833.jpg DSC01838.jpg 
DSC01842.jpg DSC01912.jpg 
DSC01850.jpg DSC01847.jpg 
DSC01853.jpg DSC01904.jpg 
DSC01860.jpg DSC01864.jpg 
DSC01865.jpg DSC01876.jpg 
DSC01883.jpg DSC01885.jpg 
さすが院生って感じで、完成度の高い作品が展示してありま
した。

人間館C棟では、油画、日本画、染織テキスタイルの展示が
行なわれていました。
油画?って感じの中澤ふくみさんのパラパラ漫画の塊、高橋
知裕さんの戦争女子、伯川葵さんのキラキラ女子などなど。
DSC01919.jpg DSC01921.jpg 
DSC01925.jpg DSC01931.jpg 
DSC01933.jpg DSC01935.jpg 
DSC01945.jpg DSC01946.jpg 
DSC01949.jpg DSC01953.jpg 
日本画?って感じの新井大地さんのバイク、大田真由さんの
硝煙島、平山鈴夏さんの寂しそうな犬などなど。
DSC01955.jpg DSC01958.jpg 
DSC01960.jpg DSC01971.jpg 
DSC01976.jpg DSC01979.jpg 
DSC01984.jpg 
染織テキスタイル系の展示がいつも印象的で好きなんですが、
三好沙采さんの皮の人形、石川晴子さんのカエルのマスク、
菅佳音さんのつばくろだけ、松田汐生さんのアロハシャツな
どなど。
DSC01988.jpg DSC01990.jpg 
DSC01996.jpg DSC01997.jpg 
DSC02002.jpg DSC02003.jpg 
DSC02007.jpg DSC02010.jpg 
DSC02012.jpg DSC02015.jpg 
DSC02016.jpg DSC02022.jpg 
DSC02028.jpg 
未来館では、現代美術と写真にこども芸術の展示が行なわれ
ていました。斎藤ひかりさんのインスタレーション、市川理
紗さんの石鹸鼠、作田詩月さんの就活の群れ、REMA(成田
令真)さんの顔プリントカーなどなどインパクトのある作品
が飾ってありました。
DSC02033.jpg DSC02037.jpg 
DSC02039.jpg DSC02044.jpg 
DSC02047.jpg DSC02050.jpg 
DSC02053.jpg DSC02056.jpg 
こども芸術では、戎リ里央さんの段ボールの洞窟探検セット
など面白い作品が展示してありました。
DSC02081.jpg 
DSC02061.jpg DSC02068.jpg 
DSC02074.jpg DSC02075.jpg 
迷路みたいな興心館と直心館ではプロダクトデザインやファ
ッションデザインや空間デザインなどなどの展示がしてあっ
て、アート系とはまた違った感じで、楽しく拝見させてもら
いました。
DSC02082.jpg DSC02083.jpg 
DSC02085.jpg DSC02089.jpg 
DSC02096.jpg DSC02097.jpg 
DSC02102.jpg DSC02118.jpg 
DSC02120.jpg DSC02125.jpg 
他にも、映画、演劇、アニメ、情報系のデザインなどなど、
数多くの展示や発表が行なわれていましたが、あまりに数が
多いので全部を拝見することはできませんでした。が、才気
溢れる若い方々のアート作品にふれて元気をいただいたよう
な気がします。いつもながら非常に楽しい時間でした。あり
がとうございました。
ご卒業おめでとうございます。ご活躍をお祈り申し上げます。

京都でのお昼は、出町柳にあるイスラエル料理の店「ファラ
フェルガーデン」さんでファラフェルプレートランチをいた
だきました。
IMG_4274.JPG IMG_4277.JPG 
ファラフェルはひよこ豆とコリアンダーリーフで作ったベジ
タブル肉団子みたな料理で、はじめて食べましたが外はカリ
ッと中はふんわりでけっこう美味しかったです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

勤労アート [観劇(他)]

曇天模様でしたが少し寒さがやわらいだ土曜日。いつもお世話
になってるkitaさんが仕事帰りに絵画教室で描いている絵の発
表会が、今年も開催されているってことで西宮北口のアクタ西
宮にある西宮市立北口ギャラリーでやっている「2019 西美ア
カデミー展」に行ってきました。
IMG_4216.JPG 
今回の絵は、画面の3/4をしめる黒い背景に浮かぶように絶妙
なバランスで描かれた網かごに入ったフランスパンと木のテー
ブル。印象的な構図と繊細に描き分けられた網かごとパンと木
のテーブルのディテールの対比が面白い素敵な作品でした。
美大を目指す学生さんのデッサンなども展示されていました。

その後、阪神尼崎に移動。小腹が空いたので駅にあるたい焼き
屋「二万翁」さんでたい焼きを買って頬張る。
IMG_4220.JPG 
少し厚めの皮が表面でサクサクで中がふんわりで、めちゃ美味
しい!

そして、あまらぶアートラボA−Labではじまった「「街と、そ
の不確かな壁」と・・・。」にも立ち寄ってみました。
IMG_4221.JPG IMG_4222.JPG 
関西出身の若手アーティスト、川田知志さんと迎英里子さんの
2人展。タイトルの「街と、その不確かな壁」は村上春樹さん
の小説のタイトルだそうです。

フレスコ画の作品を作る川田さんは、今回、使われなくなった
学校や結婚式場などの痕跡や記憶を題材にしたインスタレーシ
ョンを、会場全体を使って展示してらっしゃいました。
IMG_4261.JPG IMG_4259.JPG 
IMG_4227.JPG IMG_4225.JPG 
IMG_4232.JPG IMG_4234.JPG 
IMG_4238.JPG IMG_4237.JPG 
国債や石油掘削や核分裂などの仕組みを、日常的な道具を使
ったインスタレーションとパフォーマンスで表現していると
言う、迎さんは、今回、労働や就業規則を題材にした作品を
展示ししてらして、今日は展示作品を使った迎さんのパフォ
ーマンスも行われていました。
タイマーを入れて灯りをつけ、木枠の中でビー玉を取り出し、
そのビー玉を容器に入れてレールで転がして網の中へ。
IMG_4236.JPG IMG_4245.JPG 
IMG_4246.JPG IMG_4248.JPG 
その作業が終わると決められた文字をビニールシートに書き、
丸めて別の部屋に移動。
IMG_4253.JPG IMG_4254.JPG 
輪投げで民主的に決めた代表印を押して飾って終了。
IMG_4228.JPG IMG_4229.JPG 
IMG_4255.JPG 
淡々と黙々と意味の有るような無いような作業をする姿を見な
がら、なんとなく身につまされる思いでした。。。

夜は、梅田の東通り商店街の外れにあるライブハウス ムジカ
ジャポニカさんにタテタカコさんのライブ「ムジカで冬のワン
マンショウ」を聴きに。
IMG_4267.JPG IMG_4268.JPG 
調律によりいつもよりパワフルな感じのピアノの音に負けない
くらいパワフルなタテさんの歌声!
映画、誰も知らないお馴染みの“宝石”の他、これまた映画がら
みで大山晃一郎監督の映画いつくしみふかきの曲や乃木坂46の
振付で有名なSeishiroさんのダンス懺渼歌の曲。
それに遠藤ミチロウさんの我自由丸や冬のシャボン玉などなど
いつものようにたっぷり素敵な歌声を聴かせてもらいました。
素晴らしい!感謝です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チョコ色々・・感謝 [雑記]

今日はバレンタインデーってことでチョコレートを色々いた
だきました。ってことで、ちょいとご紹介。

ドイツのチョコってあんまり食べたことないな!って感じで
「ローエンシュタイン」。
52596483.jpg 
こちらはチョコと言えばって感じのベルギーのチョコで「レ
オニダス」。
52661053.jpg 
こちらは日本のと言うか国籍不明って感じで「ハローキティ」
のチョコ。カワイイ!
51968877.jpg 
そして、グッと地元って感じで天神橋筋商店街の「アトリエ・
アルション」さんのチョコは缶がおしゃれ。
52156583.jpg 
妹さんのメッセージカード付きで、八尾の「ケーキハウス ミ
ツハシ」さんのチョコは、上品な味わいのチョコでした。
51935338.jpg 
ありがとうございます。感謝です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メメント・モリな展覧会 [美術館]

朝から冷たい雨の降った3連休の最終日。今日は国立国際美術館
で開催がはじまった「クリスチャン・ボルタンスキー Lifetime」
を観に行ってきました。
IMG_4164.JPG IMG_4165.JPG 
日本でも瀬戸内国際芸術祭で豊島に設置された世界中の人々の心
臓の音が聞ける“心臓音のアーカイブ”や森の中で無数の風鈴が風
に揺れる“ささやきの森”、越後妻有アートトリエンナーレの“最後
の教室”や“影の劇場”などでお馴染みのフランスを代表する現代ア
ーティスト、クリスチャン・ボルタンスキー氏の1960年代から半
世紀に及ぶ創作活動を振り返る回顧展ってことで、開催を楽しみ
にしていました。
瀬戸内や妻有で見るボルタンスキー氏の作品は、暗闇でまたたく
白熱灯の灯りと心臓音で、死後や子宮の中を思わせるような独特
の雰囲気があり、作品の中に身を置くと精神が暗闇にずるずると
引き込まれそうな恐怖と安心感をおぼえる不思議な世界観が味わ
えます。
今回の回顧展は、ボルタンスキー氏が会場全体を一つのインスタ
レーショとして展示をしたということで、国立国際の地下3階全
体が礼拝所や納骨堂のような独特の空気に包まれていました。

会場に入ると“DEPART(出発)”の電球が輝き、初期の作品は並
び、次はお馴染みの“心臓音”が響いています。
DSC01793.JPG 
ボルタンスキー氏のポートレートが映し出されたすだれの奥には、
氏の寿命を刻むカウンターや氏の作業場に設定された監視カメラ
の映像“C・Bの人生”が流れていました。
DSC01722.JPG 
DSC01786.JPG DSC01799.JPG 
DSC01765.JPG 
大きなスクリーンには、パタゴニアで鯨とコミュニケーションを
とろうとした映像が映され、その奥には遺影が貼られたビスケッ
トの缶が整然と並び、影絵の髑髏が揺らいでいました(ここは撮
影不可)。こちらも撮影不可ですが、ライトで照らされた遺影が
祭壇の様に設置された部屋も印象的でした。

その奥には、風鈴の映像が流れ床には干草がひかれ“最後の教室”
の記憶の香りが微かに漂っていました。
IMG_4168.JPG IMG_4169.JPG 
コートでできた“ぼた山”や古着の壁からは人の痕跡の消え。コ
ートでできた十字架?。キリストの顔が浮かんだヴェロニカヴ
ェール。開催期間中に一日2個ずつ電気が消えていくうごめく
電球“黄昏”などなど50点ほどの作品が展示してあります。
DSC01717.JPG DSC01720.JPG 
IMG_4193.JPG IMG_4176.JPG 
DSC01742.JPG DSC01744.JPG 
DSC01748.JPG DSC01755.JPG 
DSC01752.JPG DSC01761.JPG 
DSC01758.JPG DSC01811.JPG 
DSC01762.JPG 
この展覧会用に制作したと言うビルのように黒い柱が並び来世
の文字が輝く部屋を抜け、最後に“ARRIVEE(到着)”の文字に
送られて会場を後にしました。

地下2階の常設展も今回のボルタンスキー氏の回顧展に合わせる
形で「コレクション3 見えないもののイメージ」と銘打って死や
不在をテーマにした展示が行なわれていていました。
IMG_4202.JPG 
アンディ・ウォーホル氏のマリリン、マーク・クイン氏の美女
と野獣、工藤哲巳氏の鳥かご、内藤礼氏の死者のための枕や絵
画、塩田千春氏のトラウマ/日常、荒川修作氏の棺おけ、石内都
氏のお母さんの肌着の写真、杉本博司氏の海の写真、米田知子
氏の空地の写真などなど、大好きな作品がずらりと並んでいて、
なんだか得した気分でした。

中之島の地下で、瀬戸内や妻有を思い出しながら、メメントモリ
的な世界観にたっぷりと浸りました。

中之島での昼ごはんは、土佐堀にあるイタリア料理の店「IL BE
CCAFICO(イルベッカフィーコ)」さんでパスタランチ(アマ
トリチャーナ)をいただきました。
IMG_4162.JPG IMG_4159.JPG 
IMG_4160.JPG IMG_4161.JPG 
野菜たっぷりの前菜にふんわり柔らかなフォカッチャとスパイシ
ーなアマトリチャーナのパスタ。どの料理もめちゃ美味しかった
です。詳細が書いてない1000円のパスタランチのみですが、注
文の時に苦手な物やアレルギーの確認をしてくれたので、安心し
て食事ができました。

そして、預けていた自転車の修理が無事終わったので、寒空の中、
北浜から自転車で帰りました。寒かったですが、ガタつきが無く
なって快適な走行!イイ感じです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

迫力の歌声 [観劇(他)]

今日も寒かった3連休の中日。本日は、いつもお世話になっている
と~るさんの歌声を聴きに兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大
ホールに「第87回 関西学院グリークラブリサイタル」を聴きに行
ってきました。
52158515.jpg 
1st Stageは、シューベルトの「森の夜の歌」でホルンの伴奏付き。
素敵な歌声と心地良いホルンの響きもあいまって、いつものごとく
夢の中へ!すみません。。。
2nd Stageは、男声合唱組曲「北斗の海」も引き続きって感じで夢
心地に聞かせてもらいました。。。
3rd Stageは、男声合唱組曲「アイヌのウポポ」は、高等部とOBの
新月会の方々が合同で歌う曲で、歌詞がアイヌ語で意味はまったく
判りませんでしたが、くじら祭りやイヨマンテ(熊祭り)など独特
の野性味と地の底から湧き上がってくるような迫力の歌声が素晴ら
しかったです。
4th Stageの「Barbershop Showtime!」は、歌って踊る少しカジ
ュアルなスタイルのステージで、ノートルダムの鐘など耳馴染みの
ある曲もあって楽しく聞かせてもらいました。
最後の5th Stageは、男声合唱組曲「御誦」でピアノとパーカッシ
ョンの伴奏付き。御誦はオラショと読み、昨年、世界遺産に登録さ
れた長崎と天草地方の潜伏キリシタンの信仰を歌った曲で、長崎の
民謡とアヴェ・マリアなどの賛美歌が融合したような曲で、途中に
ピアノとパーカッションアドリブ演奏も入ったりして現代音楽的な
ちょっと不思議な雰囲気で印象的でした。

最初は心地良く夢の世界にいざなう歌声でしたが、ウポポ以降はグ
グッと引き込まれ、門外漢にはちょっと難しかったですが、心の残
る迫力の歌声で楽しい時間を過ごさせていただきました。感謝です。

素敵な歌声を聴いた後は、会場近くの和食屋「うを匠 せん」さんで
いつものように食事会。
IMG_4148.JPG 
IMG_4150.JPG IMG_4151.JPG 
IMG_4152.JPG IMG_4155.JPG 
今日の演奏の話や、知り合いの娘さん2号ちゃんのカナダ留学
の土産話し(赤毛のアンのプリンスエドワード島)、3号ちゃ
んのトランペット演奏などなどを聞かせてもらって楽しい時間
を過ごしました。
チケットのご手配や食事会まで何から何までお世話になって本当に
ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

季節感バラバラの落語 [落語]

立春過ぎて大寒波って感じの2月の3連休の初日。今日は、
愛用の折り畳み自転車の調子が悪くなったので、北浜の
ローロサイクルワークスさんに自転車を持って行ったつ
いでって訳でもないですが、道楽亭の昼席を聴きに行っ
てきました。

ローロさんに自転車を預けた後、少し歩いて船場センタ
ービルの地下にあるしゅうまいが有名な中華料理店「華
風料理 一芳亭」さんでしゅうまい定食をいただきました。
51620061.jpg 51729516.jpg 
ほのかに黄色い薄焼き卵の皮に包まれた柔らかなしゅう
まい、めちゃ美味しい!

お腹も膨れたので、寒空の中、動物園前に移動して道楽
亭の昼席を聴きに。
51570559.jpg 
本日の演目。開口一番は九州のお寺で雅楽の出囃子で高
座に上がったと言う優々さんで“転失気”、恥をかきたく
ないと知ったかぶりしたらもっと恥をかくって話。
次は鯛蔵さんで“皿屋敷”、会場は暖かかったですが、こ
の冬一番と言う寒波の中でお化けの話。
そして米平さんで“猫の茶碗”、松竹座でやっている上方
落語の祖米沢彦八の舞台演劇天下一の軽口男の合間って
ことだそうです。
中トリは歌之助さんで“寝床”、テンポの良い言い訳の数
々と肩を震わせながら浄瑠璃を語る旦那さんの姿で笑わ
せてもらいました。
中入後にあさ吉さんの“青菜”、これも夏の話なんですが
・・・あさ吉さん独特の揺らぐようなテンポで冬に聞く
青菜もイイもんですね。
最後は出丸さんで“高津の富”、寒いし、あさ吉さんの笛
が良いので不動坊をやりたかったみたいでしたが、今日
のネタのとっ散らかり加減をちょっと愚痴ったり、競馬
の必勝法を伝授したまくらの末に富の話でした。面白か
ったです。

帰りに、恵美須町にあるご当地インスタントラーメン専
門店「やかん亭さくら 総本店」さんでマルタイの久留米
とんこつラーメンを買ってみました。
51593579.jpg 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感