So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新潟アート祭めぐり(3日目) [美術館]

3日目も雨模様でしたが、バスツアーの2日目。この日は、“シ
ャケ川のぼりコース(信濃川・河岸段丘編)”。
バスツアーの集合時間まで少し時間があったので、十日町市
博物館で、国宝“火焔型土器”を拝見。
IMG_1065.JPG 
IMG_1072.JPG IMG_1074.JPG 
IMG_1083.JPG IMG_1091.JPG 
IMG_1094.JPG 
今年は、東博の“縄文展”を見て、先日、映画の“縄文にハマる
人々”も見たので、本場で火焔型土器を見なくちゃって感じで
した。何度見ても素晴らしい造形ですね。

そうこうしている内にバスも来て、バスツアーの始まり!
IMG_1097.JPG 
先ずは、シュー・ビンさんの“裏側の物語”を拝見。パッと見
は普通に水墨画なんですが、裏に回るとビックリの影絵にな
っていて不思議な感じです。
DSC00176.JPG DSC00175.JPG 
DSC00172.JPG  DSC00170.JPG 
そして、雨がやんでくれれば良かったんですが、そぼ降る雨
の中、野外展示の“里山アートどうぶつ園”。約30人のアーテ
ィストさんが動物のオブジェを展示しています。
DSC00183.JPG DSC00184.JPG 
DSC00186.JPG DSC00187.JPG 
DSC00189.JPG DSC00190.JPG 
DSC00191.JPG DSC00197.JPG 
DSC00208.JPG DSC00209.JPG 
DSC00216.JPG DSC00218.JPG 
DSC00219.JPG DSC00220.JPG 
キナーレにある開発好明さんのモグラTVにつながる?もぐら
のトンネルもありましたし、雨の中、カッパ師匠+カッパ族の
方々がお茶をふるまってくれました。ありがとうございます。
DSC00181.JPG 
DSC00195.JPG DSC00202.JPG 
これ以外に常設で藤原吉志子さんの“レイチェル・カーソンに
捧ぐ 4つの小さな物語”なども見ることができます。
DSC00196.JPG 
常設と言えば、バスの車窓からアーメット・オーグットさん
の“カードリフターズ”、関根哲男さんの“帰ってきた赤ふん少
年”などを見ることもできます。
DSC00177.JPG DSC00178.JPG 
DSC00122.JPG 
この日の昼ごはんは、越後妻有里山現代美術館(キナーレ)の
「ダイニングバー 越後しなのがわバル」さんで、米の食べ比
べイベント“ザ・おこめショー”。
IMG_1124.JPG IMG_1108.JPG 
IMG_1109.JPG IMG_1114.JPG 
ザ・おこめショーで食べ比べたコシヒカリ4種(十日町池谷

地区、松代滝沢地区、松之山水梨地区、中里貝野地区)と
棚田バンクの米の中から2種のおにぎり(十日町と松之山)を
選び、そしておかずは、妻有ポーク酒粕漬け、にしん山椒煮、
ナスの揚げびたしと打ち豆、冬瓜のオーブン焼き、夏野菜
の酢の物、とうもろこしの塩蒸し、かぐら南蛮味噌、車麩
梅煮と胡瓜の醤油漬け、野菜たっぷりの味噌汁でした。
IMG_1115.JPG IMG_1120.JPG 
同じコシヒカリで地域も越後妻有内のかなり狭い範囲でした
が、味や香り食感が私みたいな素人にもわかるくらい差があ
りました(もちろん、美味しい中での差ですが・・)。
水と土地ってやっぱり大切ですね。

キナーレでのアート鑑賞に関しては、前日は主に新作を見た
ので、この日は常設展示を拝見。レアンドロ・エルリッヒさ
んの“トンネル”、エルムグリーン&ドラッグセットさんの“P
OWERLESS STRUCTURES, FIG. 429”、カルロス・ガライ
コアさんの“浮遊”、カールステン・へラーさんの“Rolling Cy
linder, 2012”、クワクボリョウタさんの“LOST #6”、眞田
岳彦さんの“大地をつつむ皮膚 十日町文様 カラムシ唐草‘13”
などなど。
DSC00229.JPG DSC00230.JPG 
DSC00233.JPG DSC00234.JPG 
DSC00238.JPG DSC00243.JPG 
DSC00251.JPG 
そして開発好明さんの“もぐらTV”には、ご本人がいらっしゃ
いました。(前日は不在で、この日は雨だったので蓋がして
ありましたが・・)
IMG_1101.JPG IMG_1100.JPG 
ご飯の後は、これまた定番の田島征三さんの“鉢&田島征三
絵本と木の実の美術館”に行ったんですが、入口付近に巨大
な蛇のトンネルが作ってあって、蛇の口から入ってお尻から
出て館内へって仕掛けになってました!
DSC00255.JPG 
DSC00256.JPG DSC00263.JPG 
DSC00267.JPG DSC00269.JPG 
DSC00274.JPG IMG_1131.JPG 
DSC00273.JPG IMG_1136.JPG 
IMG_1134.JPG DSC00301.JPG 
ここは大好きな場所で、じっくり見ていたらバスの集合時間
に5分ほど遅れてご迷惑をかけてしまいました!

次も大好きな作品、ジミー・リャオさんの“Kiss & Goodbye”。
IMG_1139.JPG DSC00306.JPG 
こちらも絵本が題材なんですが、泣ける話なんですよね~!

ちょうど雨は上がっていましたが、水がぽたぽた落ちるトビ
アス・プートリッヒさんの“太田島公園”は雨模様でした。
DSC00320.JPG DSC00321.JPG 
繭や織物をイメージしたと言うダミアン・オルテガさんの“ワ
ープクラウド”は、縦長の建屋を使って幾何学模様の不思議な
空間を作りだしていました。
DSC00370.JPG 
DSC00354.JPG DSC00363.JPG 
豊田恒行さんの越後妻有「上郷クローブ座」では、パオラ・
ピヴィさんの巨大なはしご“Untitled project for Echigo-
Tsumari”が印象的でした。
DSC00342.JPG DSC00343.JPG 
DSC00338.JPG 
また、隣のイップ・チュンハンさん設計の“香港ハウス”では
リョン・チーウォーさんとサラ・ウォンさんの“津南ミュー
ジアム・オブ・ザ・ロスト”を見ることができます。
DSC00335.JPG 
最後(ツアー的には十日町の日比野さんが最後でしたが前日
も見ているので・・)は、クリスチャン・ボルタンスキーさ
んとジャン・カルマンさんの“最後の教室”。
DSC00372.JPG 
こちらも何回も来ているんですが、毎回、暗闇の体育館で扇
風機の台に脛をぶつけて痛い!でも、毎回ドキドキする空間
です。
DSC00383.JPG IMG_1147.JPG 
DSC00400.JPG IMG_1153.JPG 
DSC00409.JPG DSC00420.JPG 
DSC00415.JPG IMG_1152.JPG 
今回は、クリスチャン・ボルタンスキーさんのカワイイ?新
作“影の劇場-愉快なゆうれい達”も楽しませてもらいました。
DSC00424.JPG 

ツアーバスで越後湯沢に戻り、2階建ての新幹線Maxときで
再び新潟へ。
IMG_1161.JPG 
新潟に戻って、新潟駅近くのラーメン屋「三吉屋 けやき通り
店」さんで中華そばをすすりました。
IMG_1169.JPG IMG_1167.JPG 
極細ちぢれ麺のあっさり系醤油ラーメン、塩気も穏やかで、
めちゃ美味しかったです。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。