So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

神戸で絵本めぐり [美術館]

今日は神戸絵本展覧会めぐりって感じで、伊丹市立美術館の
「みんなのレオ・レオーニ展」、西宮市大谷記念美術館の
「2018イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」、芦屋市立
美術博物館の「チャペック兄弟と子どもの世界」をめぐって
きました。

先ずは、伊丹市立美術館の「みんなのレオ・レオーニ展」。
IMG_0635.JPG IMG_0636.JPG 
黒い小さな魚の冒険“スイミー”や“フレデリック”などのお馴
染みのねずみのキャラクターと、絵本の翻訳をほとんど谷川
俊太郎さんがやっているってことで、気になっていた絵本作
家のレオ・レオーニ氏の展覧会。
40年代から60年代の油絵の作品からはじまり、“黒いテーブ
ル”や“フレデリック”などのねずみのシリーズ、二足歩行の
ワニの話“コーネリアス”、もちろん“スイミー”などの原画と
ともに絵本も置いてありました。
“スイミー”に関しては、モノタイプという手法で描いた原
画が5点有ったんですが、絵本の絵柄とは微妙に違っていて、
美術館に納めるために描き直したと言う説(?)だそうです
(本物だけど絵本の奴とは違う)。
そして、グラフィックデザイナー時代の仕事や平行植物シリ
ーズの絵とオブジェなどが飾られた部屋では、“あおくんと
きいろちゃん”を人の動きに連動するようにデジタル化した
インスタレーションも展示してありました(初めて描いた絵
本が抽象画的な“あおくんときいろちゃん”と言うのがレオ・
レオーニ氏の凄いところかなと思います)。
最後の部屋ではアニメ化された6本の作品(絵本の印象を壊
さないように切り絵が動く感じのアニメ作品)の撮影で使っ
たパーツや絵の展示の他、アニメ作品自体も上映されていま
した(たくさんの子供たちが食い入りように眺めてました)。

次は、阪急と阪神を乗り継いで、西宮市大谷記念美術館の
「2018イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」。
IMG_0646.JPG IMG_0647.JPG 
今年は約70カ国3053作品の応募があったそうで、日本人
10名を含む77組の作家さんが入選を果たし、その入選作が
展示されていました。
日本人入選者の方の作品は、大越順子さん“チーズ大作戦”、
光内亘利さん“世界の作り方”、盛國泉さんの“家ネコさんは
ネコだけど”、酒井りかさん“よあけ”、澤田久奈さん“昔話
のファイブ太郎”、豊島舞さん“ちいさな鳥のはじまりの歌”、
佐藤文音さん“ヘンテコ猫を探しに旅をする、姉弟の話。”、
鈴木さらさん“からす”、吉間ゆかりさん“わすれんぼうのと
りのふうふ”、山田和明さん“カノンとタクト”でした。
日本人の方以外で気になったのは、色合いとゴチャゴチャ感
が素敵な入口の大きなパネルにもなっているジュアン・ネグ
レスコロールさんんの“動物たちの町”、高速道路の立体交差
を巨大な蛸に見立てたダヴィデ・ボナッツィ“都会の中の野生”、
物寂しさが素敵だったフランツィスカ・ブリテンデ“霜”とア
ン・キョンミ“カラス”ユーモラスなモニカ・エルナンデス“総
督ヴィルジリオ”、一瞬日本の方かと思ったペルーのイッサ・
ワタナベさん“長い旅”、シンプルで面白いジュリアン・チャ
ン“いそげ!いそげ!”、赤と黒の色合いが印象的なソフィア
・ヴェンゼルさん“赤ずきんちゃん”などです。が、どの作品
も素晴らしかったです。なんとなくですがデジタル作品がど
んどん増えてきたなって感じでした(私が面白いと思ったの
がたまたまデジタル作品だっただけかもしれませんが・・)。
特別展示として、昨年第8回ボローニャSM出版賞を受賞した
マヌエル・マルソルさんの絵本「ドン・フェルミンの伝説」
の原画(20点)も展示してありました。

最後は、芦屋市立美術博物館の「チャペック兄弟と子どもの
世界」展。
IMG_0651.JPG IMG_0649.JPG 
児童文学や絵本の人と言うより「ロボット」と言う言葉を最
初に使った人と言うことで印象深いカレル・チャペック氏で
すが、今回は、どちらかと言うと、キュビスムの画家だった
お兄さんのヨゼフ・チャペック氏の作品を中心に展示が行わ
れていました。(とは言え、ロボットは外せないだろうって
ことか、戯曲「R.U.R.(ロボット)」を大正13年に築地小
劇場で上演した「人造人間」の資料も展示してありました。)
IMG_0655.JPG IMG_0654.JPG 
ヨゼフ・チャペック氏は、子供用だからと言ってハイアート
とロウアートの区別をせず、子供たちにも質の良い絵を見せ
るべきだと考えで描かれていたそうで、キュビスムの作品や
単純化された線画などは普通にアート作品って感じでした
(“子どものモチーフ”のパステル画のシリーズはヴェネツィ
ア・ビエンナーレで現代アートの作品として紹介されたそう
です)。
もちろん“長い長いお医者さんの話”や“こいぬとこねこは愉
快な仲間”の原画などなど、カワイイ絵もたくさんありました。
そんなカワイイ子供の絵を描くヨゼフ・チャペック氏はファ
シズムを批判し反戦を訴えていたことで捕まり、最後はドイ
ツの強制収容所で亡くなったと言うことで、8月15日を前に
戦争の悲惨さを感じさせられました。

ちょうど夏休みで、絵本好きは3館めぐる人も多いだろうと
言うことで、「子どもも楽しめる3つの美術館をまわろう!」
と言う企画をやってました。上記3つの展覧会のどれかの半
券をチケット販売窓口で呈示すると、他の展覧会を団体料金
に割引してくれます。ちょっとお得ですよ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。