So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

奈良で妖怪と仏 [美術館]

今日から夏季休暇って方も多いでしょうが、私もお休みって
ことで本日は、暑い中、奈良に行ってきました。
IMG_0566.JPG IMG_0568.JPG 
先ずは、暑さに負けないようにエネルギー補給って感じで、
知り合いが務めている奈良町にあるパン屋「MIA'S BREAD」
さんで、アボカド・ベーコン・レタス・トマトのサンドイッ
チとクリームチーズ入りイチゴマフィンにレモンスカッシュ
をいただきました。
IMG_0573.JPG IMG_0569.JPG 
野菜の美味しいサンドイッチ、自然な甘みのマフィン、仄か
なレモンの苦味で爽やかなレモンスカッシュ、どれもめちゃ
美味しかったです。お店の雰囲気も大好きです。

お腹も膨れたところで、夏と言えば妖怪かな!と思って、同
じ奈良町にある奈良町にぎわいの家で、今日までやっていた
妖怪書家と言う不思議な肩書きの作家、逢香さんの個展「逢
香展」を覗いてみました。
IMG_0577.JPG IMG_0610.JPG 
入口の"奈良建設中”からはじまり、"現代世界に龍出現”、
"妖怪につけまつげブーム到来”、"スマホ、妖怪化”、"三
つ目入道と女”、"鬼の屁攻撃”などなどタイトルも内容もユ
ニークな妖怪の絵が、胡瓜と茄子の精霊馬などでお盆の設え
のしてある古民家のいたる所に展示され不思議な雰囲気を漂
わせていました。
IMG_0627.JPG IMG_0581.JPG 
IMG_0588.JPG IMG_0586.JPG 
IMG_0590.JPG IMG_0607.JPG 
IMG_0600.JPG IMG_0605.JPG 
IMG_0608.JPG IMG_0612.JPG 
IMG_0591.JPG IMG_0592.JPG 
特に"女って怖い”って作品の赤いハイヒールで踏まれる妖怪
が痛々しくってイイ感じです!笑
IMG_0604.JPG 
逢香さんは、SNSでチラッと見かけて妖怪の絵を描く人って
印象(存じ上げなかったんですが、黒い妖怪ウォッチで有名
な方みたいです)だったんですが、たまたま会場にご本人が
いらして、作品について色々解説をしてもらったところ、元
々は書道の方がメインだったのが、徐々に妖怪の絵の方に力
を入れるようになったみたいで、飾ってあった"呉宮萬玉賦
細楷幅 原寸大全臨”と言う作品は非常に繊細な文字が印刷物
の様な正確さで書かれていて、ウイットの効いた妖怪の絵と
同じ人が書いたとは思えないような作品でした(8時間かか
ったそうです!)。
IMG_0597.JPG IMG_0598.JPG 
これ以外にも文字の作品が展示してありました。が、あまり
に古民家の風情に溶け込んでいて、はじめ作品展示だとは気
づきませんでした!
IMG_0585.JPG IMG_0617.JPG 
IMG_0616.JPG IMG_0622.JPG 
解説も含めて色々お話を聞かせてもらって感謝です。

そして妖怪の後は仏様ってことで、鹿もヘロヘロになりそう
な灼熱の奈良公園を横切って奈良国立博物館に「糸のみほと
け 国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏 」を拝見。
IMG_0630.JPG IMG_0631.JPG 
国宝の"綴織當麻曼荼羅”は修理されたって事ですが、中央
に阿弥陀様の輪郭がぼんやり見える程度でほぼ何が描かれて
いるのかはわからない状態でした。が、何かしら圧倒的な迫
力がありました!凄いです。
綴織當麻曼荼羅にゆかりの當麻寺の中将姫坐像や當麻寺縁起
に法然上人絵伝も展示してありました。
また、江戸時代に綴織當麻曼荼羅を元に作られた"刺繡當麻
曼荼羅”が飾られていて、綴織當麻曼荼羅の元の面影を垣間
見ることができましたし、川島織物セルコンで今年40日かけ
て作ったという綴織當麻曼荼羅の部分復元品(20cm四方)
も飾ってありました。綴織當麻曼荼羅は中将姫の祈りの力で
一晩で織り上げられたそうですが、祈りのない現代、技術だ
けで再現しようとしたら8年かかるそうです!
綴織當麻曼荼羅以外にも、国宝の天寿国繡帳(餅をついてる
月のウサギがカワイイ)など、欠片も含めて130点あまりの
刺繡の仏様が展示してあり、見応えありました。

奈良博からの流れで、當麻寺まで足を伸ばそうかとも思った
んですが、あまりの暑さに負け、無理せずそそくさと大阪に
戻りました。
それにしても暑いですね!

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

omachi

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。
by omachi (2018-08-12 20:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。