So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

堂島界隈でアート [美術館]

今日も暑かったですね!こんな時は川っぺりが少しは涼し
いかと思い中之島へ。

先ずは、肥後橋にあるギャラリーYoshimi Artsさんで開催
しているグループ展「Insight 20」を拝見しました。
IMG_0104.JPG IMG_0103.JPG 
お気に入りの西山美なコさんは"Sugar Rose”と言う砂糖
で作った薔薇のオブジェを出展。六甲で見た砂糖の薔薇は
湿度で溶けはじめていたんですが(この時の写真も展示し
てありました)、今回は溶ける前って感じで、薄くエッジ
のきいた花びらの折り重なりが繊細で美しい作品でした。
ギャラリーの方曰く、パッと見た感じ写実に見える薔薇で
すが、ベルばらで描かれる様な薔薇をイメージのした作品
だそうです。凄い!
他には、レイチェル・アダムスさんの重いのか軽いのか重
量に妙な違和感を感じる紙の彫刻。彫刻っぽく見える上出
惠悟さんの妙にリアルな陶器のバナナ、中が空洞だと聞い
てさらにビックリ!どうやって作ったのか?不思議です。
興梠優護さんの色が溶け合うような女性の絵はなんとなく
エロティック。笹川治子さんの廃物?オブジェも目をひき
ましたし、佐藤未希さんのとろけたようなちょっと不思議
な顔もインパクトありました。

次に、堂島リバーフォーラム開館10周年特別企画の「千住
博&チームラボ コラボレーション展"水”」を観に行きまし
た。
IMG_0109.JPG IMG_0203.JPG 
千住博さんもチームラボさんも有名なので、説明する必要
はないと思います。が、千住さんは、瀬戸芸の家プロジェ
クト"石橋”や"大徳寺聚光院襖絵”、今年全国を巡回して
いる"高野山金剛峯寺襖絵”44点などの作品で知られ、日
本のみならず世界で活躍するアーティスト。
そして、猪子寿之さんが代表としてひきいるチームラボは、
現在、あべのハルカス美術館で開催中の"チームラボ 学
ぶ!未来の遊園地”で、デジタルアートという分野を全国
区にしたアーティスト集団(500名ほどいらっしゃるそう
です)、先ごろ開業したお台場のデジタルアートミュージ
アムも大好評みたいですね。
IMG_0201.JPG 
会場では、チームラボさんの鏡とプロジェクターを使った
四角い波の迷路、中央に千住さんの薄い布に描かれた滝の
絵が反時計回りに渦を巻き、正に"水”の異空間が創り上げ
られていました。
IMG_0167.JPG 
IMG_0121.JPG 
IMG_0128.JPG IMG_0130.JPG 
IMG_0170.JPG IMG_0196.JPG 
IMG_0151.JPG 
IMG_0191.JPG 
IMG_0137.JPG 
IMG_0140.JPG 
くしくも開催の1週間前に起きた西日本豪雨や東日本大震
災の津波などが頭をよぎりましたが、圧倒的な美しさと
迫力で、諸々をアートに昇華している感じでした。

今日は、千住博さんと姜尚中さんの対談もあったので、
予約して拝聴させてもらいました。
IMG_0205.JPG 
対談は、「水にたいして」と言うタイトルで、姜さんが
お客さん目線で千住さんに質問すると言う形式で進めら
れ、水の話を中心に、千住さんが考える芸術や美の本質
とは何かと言う話にまで広がる非常に面白い対談でした。

先ずは、作品の話で、千住さんとチームラボさん、アナ
ログとデジタル言う、まったく表現形態の違う2組のコ
ラボ、展示の仕方も丸と四角で逆、でもそれが融合する
ことで、当初は想定(千住さんは滝で時間の流れ表現し
ようとしていたそうです)していなかった、時間を超え
た数十億年単位の太古の地球と未来の地球や、母のお腹
の中の記憶のようなものが、表現できたんじゃないかと
おっしゃってました。
(アナログと言えば、千住さんの布の滝は、上部をホチ
キスで留めてあるだけだそうで、セッティングしたスタ
ッフさん曰く、子供などが引っ張って落ちることも想定
し、ありあまり丈夫に留めると上の器具ごと落ちて大事
故につながるけど、ホチキスならすぐ取れてせいぜい布
が落ちてくるだけなので、安全ですぐに直せるってこと
だそうです。不特定多数の方々が訪れるアート展示は色
々気を使うことも多いんでしょうね!素晴らしい。)

本題の"水”にもつながるんですが、千住さんの考える
"美”とは、生物の持つ生きると言う本質と同義で、そ
の中で"水”と言うのは、無くても命にかかわるし、今
回の豪雨のように有り過ぎても命にかかわる、最も需要
なモノの一つであると言うことでした。

また、千住さんが再三おっしゃっていたのは、芸術とは
イマジネーションをコミュニケーションする事で、すべ
ての人間の行為は本質的には芸術につながると言う考え
で、芸術は特別なモノではなく、もっと日常に還元され
るべきだと熱く語ってらしたのが印象的でした。

それと、千住さんの言っていた、芸術とは人が作った色
々な壁(国、宗教、民族、階級、既成概念、価値観など
など)をぶち壊す行為と言う話も言葉も心に響きました。
色々な批判や壁と戦っている千住さんやチームラボの猪
子さんがコラボしたのも、壁を壊すいったんかもしれま
せん。

千住さんと姜さんは、今回で3回目の対談と言うことで、
姜さんもツボを心得ている感じの絶妙な振りで、どんど
ん話が深くなっていくのが、流石だなって感じでした。

肥後橋での昼ごはんは「大衆ビストロ 原田屋」さんで、
豚肩肉のステーキランチを頬張りました。
IMG_0107.JPG 
しっかり肉って感じで食べ応えもボリュームもある豚肉
のステーキ、めちゃ美味しかったです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。