So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今年も森ノ宮で志の輔さん [落語]

梅雨の晴れ間?の日曜日。今日は、志の輔さんの独演会を聴き
に森ノ宮へ。

落語前の腹ごしらえは、ビギン京橋商店街にある老舗の洋食屋
「レストラン かめや」さんでハンバーグを頬張りました。
36121229.jpg 35922889.jpg 
36121205.jpg 
懐かしい昔ながらの洋食屋のハンバーグって感じで、ちょっと
濃いめのソースで、白ごはんがすすみます。美味しい!

そして、森ノ宮ピロティホールに「志の輔らくご in 森ノ宮 20
18 伊能忠敬翁没後二百年 大河への道 伊能忠敬物語」。
34962297.jpg 35987065.jpg 
今回の演目。開口一番は、志の輔さんの七番弟子志の麿さんで
"権助魚”。
旦那の浮気を疑う奥さん、奉公人の飯炊き権助に旦那の妾の家
を探るように買収し、出かける旦那についていかせる。が、気
づいた旦那がさらに上乗せして金を渡し、両国橋で知り合いと
出会い、柳橋で宴会をして隅田川で網打ちをした後、湯河原に
行ったと言えと言われ、網打ちの証拠に魚屋で魚を買うように
言われたが、買った魚がよりによってニシンとスケソウダラに
目刺しにかまぼこ!それを奥さんに見せたから大変!と言う噺。

そして次は、志の輔さんの新作落語"ハナコ”。昨今の記者会見
や諸々の忖度事件じゃないけど、起こる前にあらかじめ伝えて
おくことで、事を荒立てずに済まそうとする日本人ならではの
気配り(?)を噺にした作品。
黒毛和牛食べ放題の温泉旅館を訪れた会社の同僚3人、着くなり
女将が言い出したのは、仲居の前田澄子が休んでいる旨を「あ
らかじめ申し上げておきます。」との言葉。そこから何かにつ
けて、「あらかじめ申し上げておきます。」の忖度付きで諸々
案内をされうんざり。挙句に夕食で今から食べる予定の黒毛和
牛のハナコまで紹介され・・食欲を無くす。余計な説明はうん
ざりするくらいしてくれるのに、何故か女将さんが竹やぶで
やっていたことは頑なに教えてくれない。。。
何回か聞いてる話ですが、面白い。竹やぶで女将さんが何をし
ていたかを探らないのも忖度?って感じですね!笑

中入り後、再び志の輔さんが登場し、こちらも新作でタイトル
にもなっている今回の目玉"大河への道 伊能忠敬物語”。
日本各地色々なところを訪れている志の輔さんが、2007年に
たまたま千葉の伊能忠敬記念館に立ち寄り、人工衛星を使って
描いた地図と伊能忠敬の作った地図が映像で重なりほぼ同じだ
ったことに感動したと言う、まくらとも本編ともつかないよう
な話からはじまり、伊能忠敬の偉業の概要を紹介しつつ、伊能
忠敬を大河にしようと動いている千葉県職員の話へ。プレゼン
の前日に脚本を任せた若い脚本家がどうしても書けないと言い
出し、理由を聞くと、伊能忠敬が亡くなった後に地図を完成さ
せるまでの3年間、忠敬の死をふせて、高橋景保らが地図作り
を行った部分が、どうしても埋まらず、書けば書くほど伊能忠
敬の話ではなくなってしまうとの事。
大河を狙う現在の話の中に、忠敬の死をふせて地図を完成させ
る高橋景保の部分が劇中劇のように入ってくるんですが、心を
わしづかみにされました!感動です!
最後の海岸線の映像と高中正義さんがギターで奏でるサディス
ティック・ミカ・バンド"黒船” も素晴らしかたです。
偉人をあつかうのは落語ではなく講談っぽいってことで、膝隠
しではなく釈台を置いての話でした。

落語を見終わった後、京橋をウロウロして、晩ごはんを食べて
帰ろうと、将のつかない餃子屋「大阪王 京橋総本店」さんで
餃子定食。
36176188.jpg 35988175.jpg 
将の付く餃子より若干小ぶりで若干厚めの皮がパリパリに焼い
てあり、肉っぽい味わいのある美味しい餃子でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。