So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

迫力のスペイン絵画 [美術館]

今日は有休ってことで、のんびり起きて、先ごろリニューアル
オープンした阪神百貨店のスナックパークにあるラーメン屋
「カドヤ食堂 阪神梅田店」さんで中華そばいただきました。
IMG_9897.JPG IMG_9894.JPG 
IMG_9896.JPG 
昔、鶴見にあったときにちょこちょこお邪魔していたカドヤ食
堂さん、移転されてからはすっかりご無沙汰してたので、なん
だか懐かしく食べさせてもらいました。美味しかったです。見
た目の印象よりけっこうボリュームもありましたよ。

そして、腹ごしらえもできたので、阪神電車に揺られて岩屋ま
で行き、兵庫県立美術館で開催中の「プラド美術館展 ベラスケ
スと絵画の栄光」を拝見。
IMG_9899.JPG 
平日なのにけっこうな人たちが、美術館に向かっていたので、
すごい人気だな!と覚悟してたら。。。皆さんの目的はジブリ
の方だったみたいです。。さすがジブリ、すごい集客力ですね。
ってな感じを横目に、私の方は、それほど混んでいなかったプ
ラド美術館展へ。
IMG_9910.JPG 
プラド美術館でベラスケスと言えば“ラス・メニーナス”って感
じですが(ラス・メニーナスは門外不出だそうで来ませんが・
・・)、今回は、そんなベラスケスの作品7点が来日し、ルーベ
ンス、父ブリューゲルなど、17世紀に活躍した作家と合わせて
70点あまりの作品が展示してありました。
IMG_9904.JPG 
展示構成的には、芸術、知識、神話、宮廷、風景、静物、宗教
に分かれていて、芸術家や哲学者を描いた作品、神話にかこつ
けてヌードを描いた作品(ルーベンスの絶筆と言われる"アン
ドロメダを救うペルセウス”など)、絵画収集をしまくった国王
フェリペ4世がらみの宮廷美術、珍しい風景画やスーパーリアリ
ズムにも通ずるような静物画など、濃密な絵が多くてけっこう
見応えありました。

今回の目玉はベラスケスなんですが、個人的には、現代アート
を思わせるビセンテ・カルドゥーチョに帰属の"巨大な男性頭
部”、無数の人間が整然と描かれまるで大名行列絵巻のような
風情のデニス・ファン・アルスロートの"ブリュッセルのオメ
ガングもしくは鸚鵡の祝祭:職業組合の行列”、聖母マリアが
めちゃ綺麗なルーベンス"聖アンナのいる聖家族”が印象的で
した。
IMG_9912.JPG 
聖母マリアと言えばアロンソ・カーノの"聖ベルナルドゥスと
聖母”と言うマリアの彫像のおっぱいから母乳が水鉄砲のよう
に噴射され、神学者聖ベルナルドゥスの口にそそがれている絵
はインパクトありましたよ!笑

月曜日(18日)に起きた大阪府北部地震で被災された方々に
早く穏やかな日常が訪れますようにと、兵庫県立美術館にある
ヤノベケンジさんのモニュメント「Sun Sister(なぎさ)」に
祈ってきました。
IMG_9905.JPG 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。