So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ゆっくり休んで落語 [落語]

昨日は、知り合いと姫路散策で、けっこう歩くだろうと予測
して(事実かなり歩いたんですが・・)、今日は、前もって
有休を取得してました。

いつもよりのんびり起きて、一日だらだらと自堕落な感じに
過ごそうかと思い、ディープな新世界の蕎麦屋「更科」さん
でざるそばをたぐって、動物園前にある寄席「道楽亭」の四
月昼席を聴きに行ってきました。
30705147.jpg 30724187.jpg 
30705991.jpg 
今日の演目、先ずは、りょうばさんで"道具屋”。次は、二乗
さんで"短命”。

そして、飛び入りのざこばさんで"笠碁”。倒れられてから1
年になるそうで、まだまだリハビリをされてて、たまに高座
に上がるそうですが、まくらのところは普通に話せても落語
が思うように話せないとおっしゃってました。100席以上憶
えていた落語も全部飛んで、今はお弟子さんに稽古をつけて
もらっているそうです。頑張ってください。応援しています。

ざこばさんの後は、竹丸さんで浄瑠璃の噺"豊竹屋”。中トリ
は、団四郎さんで"温泉宿”。中入り後、扇平さんで"読書の
時間”。

最後は、塩鯛さんで"天神山”。シビン酒とオマル弁当を下げ
て、花見ではなく墓見に一心寺に行った変ちきの源助は幽霊
を嫁にし、長屋の隣に住む胴乱の安兵衛もあやかろうと一心
寺に行くが、乙な舎利頭とは出会えず、天神山に寄って狐を
助けたところ狐が嫁に来てという話。奇想天外な話ですが、
たっぷり楽しく聞かせてもらいました。面白かったです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。