So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

京橋で伝統と革新 [美術館]

お盆休み明け初っ端から東京出張。せっかく東京に行っ
たんですが、月曜ってことで美術館はほとんどお休み!
だからってことでもないですが、仕事終わりにギャラリ
ーでも覗いて帰ろうと、京橋にあるLIXILギャラリーで
やっている「クリエーションの未来 more than Reaso
n 隈研吾+山口一郎(NF/サカナクション)+森永邦彦(AN
REALAGE)展」を拝見。
IMG_8122.JPG IMG_8104.JPG 
ファッションと建築が融合したように部屋全体に広がる
白と黒の服の世界を、入口にあるQRコードで読み込ん
た音楽をスマホで聞きながら楽しむインスタレーション。
IMG_8112.JPG 
IMG_8106.JPG IMG_8107.JPG 
IMG_8105.JPG IMG_8110.JPG 
張り詰めたような空気漂う空間がなんとも刺激的でした。

LIXILギャラリーの別の部屋では九谷焼の陶芸家中田雅巳
さんの個展「中田雅巳展-SEN-」も行なわれていました。
IMG_8121.JPG IMG_8115.JPG 
IMG_8118.JPG IMG_8120.JPG 
九谷焼五彩と言われる伝統的な緑・黄・紫・紺青・赤の
色をシャープなデザインの器にほどこした焼物で、九谷
焼のイメージではない斬新な作品でした。

そして、すぐ近くになるポーラミュージアムアネックス
で開催している博多人形師の中村弘峰さんの個展「SUM
MER SPIRITS」も覗いてみました。
IMG_8123.JPG IMG_8124.JPG 
こちらも手法は伝統的な博多人形の技術を使いながら、
野球やアーチェリーをやっている人形だたり、サイやゴ
リラやシマウマなどの動物の人形などなど。
IMG_8126.JPG IMG_8128.JPG 
IMG_8134.JPG IMG_8135.JPG 
IMG_8137.JPG IMG_8138.JPG 
IMG_8166.JPG IMG_8168.JPG 
IMG_8149.JPG IMG_8151.JPG 
IMG_8154.JPG IMG_8155.JPG 
IMG_8160.JPG IMG_8161.JPG 
従来の博多人形には無いデザインの作品が展示してあり、
非常に新鮮で面白かったです。

今回は珍しく東京駅近くで仕事ってことで、昼ごはんは、
八重洲地下街にあるスパゲッティ屋「CHAYA」さんで、
じゃがいもとズッキーニのトマトソーススパゲッティを
いただきました。
IMG_8102.JPG IMG_8101.JPG 
ホクホクのジャガイモとモチモチの生麺が、めちゃ美味
しかったです。

ってことで、仕事+いつものようにアートも楽しんで、
崎陽軒のシウマイをつまみながら大阪に戻りました。
IMG_8172.JPG 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年も西宮で絵本 [美術館]

今日でお盆休みも終わりですが、残暑きびしく相変わらず
暑いってことで、美術館で涼もうと西宮市大谷記念美術館
で始まった「2019 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」
を観に行ってきました。
68440244.jpg 
毎年楽しみにしている展覧会で、今年は、世界各国(62ヶ
国)から応募された2901点の中から選ばれた、日本人10人
を含む76人の作家さんの作品が展示してありました。
68371283.jpg 
展示室に入ると、先ずは、今年のパンフの表紙を担当した
イーゴリ・オレイニコフさんの作品、鳥に乗って空を飛ぶ
世界各国の高層建築が緻密に描かれていました。

そこから色々な国の方々の作品が展示してあったんですが、
とりあえず日本の方々の作品(別段、日本人の作品がかた
めて展示しているわけではないです)を、ご紹介。
ちとせちとせさんの熊やワニなどが画面いっぱいに描かれ
た“ごちそう”。
平佐実香(MICAO)さんの“イソップものがたり”は絵と刺
繍が融合した作品。
イケガミヨリユキさんの“石のこえ”は化石のように女の子
が石に閉じ込められています。
グラフィックな雰囲気の井上陽介さんの“ふたつのきもち”。
工藤あゆみさんの“大丈夫だよ。”は、カラフルな和紙にペ
ンで描かれていました。
まえだよしゆきさんの“カクレカクノミ”は何者かが三角形
に隠れている楽しい作品。
間中ムーチョさんは山の神か鬼が怒っている“にんげんさま
へ”。
ミヤタタカシさんの“まいごのうさぎ”は力強い線画が印象
的です。
素朴な雰囲気のたなかやすひろさんの“花は咲いている”。
消しゴムはんこで描いている鳥が可愛くって美しい東郷な
りささんの“きょうはたびびより”の10作品。

これ以外に、神話と迷路が合わさって楽しめるヤン・バイ
トリクさんの“アリアドネの糸 迷路の神話”、細密に描かれ
たチェン・ヨイカイさんの“木”、果物人間がちょっと不気
味な雰囲気のサンドロ・バッシさんの“ナショネイリアン”、
デザイン的なマエ・エルナンデスさんの“夜と蛾”、刺繍で
描かれたタイ・ユィトンさんの“プルル”はラーメンを食べ
ている風情がカワイイ、クリスティン・ロスキフテさんの
“数えてみよう”、ちょっと不気味で笑えるヴィルジニー・
プフェフェールさんの“からだを探検していよう!”、フェ
ルトで作ったミニチュア写真ホルマン・ウォンさんの“パ
パは仕事じょうず”、リ・ユンチュエン“信じる”、サンテ
ィアーゴ・ヴァルダック“ネズミ狩り”などなど、素敵な作
品が多数並んでいました。
あくまで私見ですが、台湾の作家さんが面白い作品を出し
ていたな!って感想です。

特別展示では、2018年の入選者マーシャ・チトワさんの
ワークショップが紹介されていたり、昨年、第9回ボロー
ニャSM出版賞を受賞したヴェンディ・ヴェルニッチさん
の記念絵本“動物園”の原画約20点が展示してありました。

梅田の地下もどんどん変わっていきますが、そんな中、平
成どころか昭和の風情が残る阪神梅田の改札の横にあるカ
レースタンド「カレーショップ ミンガス」に久しぶりに立
ち寄って、昼ごはんにカツカレーをいただきました。
69359682.jpg 68555056.jpg 
大阪は甘辛系やスパイスカレーなど個性的カレーがたくさ
んありますが、ここのカレーはウスターソースや福神漬が
合う、イイ意味で普通のカレーって感じで美味しいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お盆っぽい映画 [映画]

第七藝術劇場とシアターセブンの共同企画。ヴィジュア
ル・フォークロアの制作のした民俗ドキュメンタリー映
画14本を、7月から10月まで4期に分けて紹介する「映
像×民俗(ヴィジュアル・フォークロア)」の第2講として
上映された、宗教史から民俗学まで幅広く活躍するの中
沢新一さんが脚本を務め、北村皆雄さんが監督した2007
年の作品「精霊の山ハヤマ」を観に、昨日につづき今日
も十三に行ってきました。
IMG_8071.JPG 
ハヤマ(端山・羽山・葉山)と呼ばれる村の裏山の様な
独特の形の低い山を対象とした山岳信仰を題材にした作
品で、国の重要無形文化財にも指定されている福島の“木
幡の旗祭り”と“金沢の羽山ごもり”、山形の“山寺の夜行
念仏”と“三森山のモリ供養”を追いかけたドキュメンタリ
ー映画でした。

出羽三山、特に月山のつながる信仰がベースになってい
て、東北では、村で亡くなった人は、先ずは身近な低い
山に魂が登り、その後徐々に高い山に移って、最後は月
山にたどり着くと考えられていて、ハヤマはその入口の
様な場所として信仰の対象になっているそうです。
福島の旗祭りと羽山ごもりは、山=女性と言う思想がベ
ースになって、ハヤマで生まれ変わって成人になる儀式
や豊年や子孫繁栄を願う儀式、夜行念仏とモリ供養の方
は、亡くなってハヤマに昇った魂と再会する行事でした。
形式としては、仏教や神道の形をとっていますが、見え
ないものと心をつなげるような、もっと原始的な信仰の
様な感じがしました。

上映後に北村監督のレクチャーも開催され、最初に少し
だけこの映画を制作した経緯である千歳栄さんとの出会
いについて話をされた後、お客さんの質問に答える形で、
映画の背景や撮影秘話(羽山ごもりの撮影はかなりハー
ドルが高かったことなど)などを詳しく伺うことができ
て、非常に面白かったです。(質問している方々も宗教
や民俗学系に詳しい方ばかりみたいで、自説もからめた
質問が飛んでいました)

古くからの山岳信仰と神仏習合があいまって形作られた
伝統が、明治の廃仏毀釈でいったん崩壊しそうになった
のを、なんとか踏みとどまって今日まで受け継いでいる
そうですが、残念なことに、近年の過疎と高齢化には勝
てず継続が難しい状況だそうです。日本各地に残る伝統
行事はおおむねそのような環境に置かれているそうです。

監督は違いますが、昨年拝見した同じ東北のドキュメン
タリー映画“廻り神楽”もヴィジュアル・フォークロアの
制作だそうで、その話もお客さんとのやり取りの中で少
しだけ出てきました。

しっかし、暑いですね~!こんな時は思わずアイスが食
べたくなります(下戸で甘党なので)ってことで、森永
乳業の北海道あずき。
IMG_8074.JPG 
練乳の風味とつぶ感のある小豆が絶妙に美味いです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

虚構と現実が交差する映画 [映画]

今回は雨台風と言う感じだった大阪方面。台風一過で蒸し
暑さが戻った本日。
SNSなどで話題になっている映画。ノンフィクションであ
る望月衣塑子さんの“新聞記者”を原案に、藤井道人監督が
撮ったフィクション映画「新聞記者」を観に、十三の第七
藝術劇場に行ってきました。
68615536.jpg 
上映中なので内容は詳しく書けませんが、東都新聞に届い
た大学新設に関する秘密文書の担当になった記者吉岡エリ
カ(シム・ウンギョンさん)、文書の裏づけ取材を進めて
いたが、上層部からの圧力で頓挫。
一方、内閣情報調査室の杉原拓海(松坂桃李さん)は、政
府による情報操作の仕事に疑問を感じつつも日々の業務に
追われていた。が、久しぶりに会った昔の上司神崎(高橋
和也さん)の自殺の真相を探る中で、大学新設の取材を一
人で続けていた吉岡と出会う。
2人は真相を暴くべく協力をするが・・・って感じの話な
んですが、一時期ワイドショーを騒がせたけど、なんとな
くうやむやに終わった観のある森友学園や加計学園の問題、
伊藤詩織さんの事件など、昨今のニュースとリンクする内
容で、虚構と現実が交差する面白い映画でした。

映画前の腹ごしらえは、大阪駅前ビルにあるロシア料理の
店「MOCKBA+7(モスクワプリュスシェミ)」さんで、洋
風ハンバーグのランチをいただきました。
68801571.jpg 
68281104.jpg 68605260.jpg 
ホイル焼きのジューシーなハンバーグも美味しかったんで
すが、なんと言ってもボルシチ美味しい!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

真夏の中之島でフィンランド [美術館]

大阪も台風の影響でときより強い風が吹いて、非常に蒸し
暑い一日でしたが、北欧フィンランドの陶器でも観て涼し
い気分になろうと思い、大阪市立東洋陶磁美術館で開催し
ている、日本フィンランド外交関係樹立100周年記念の特
別展「フィンランド陶芸 芸術家たちのユートピア―コレ
クション・カッコネン」を観に行ってきました。
IMG_8009.JPG IMG_7909.JPG 
フィンランドの焼物はマリメッコのイメージが強く、シン
プルな形でおしゃれなペイントがしてあるって印象くらい
しかなかったんですが、今回、アルフレッド・ウィリアム
・フィンチ氏からはじまる近代フィンランド陶芸の変遷を
追う形で約130点ほどの作品を拝見させてもらって、多様
性のある豊かな世界を垣間見た感じです。
IMG_7911.JPG 
アルフレッド・ウィリアム・フィンチ氏に師事したミハエ
ル・シルキン氏、ビルゲル・カイピアイネン氏、ルート・
ブリュック氏の活躍がフィンランド陶芸のはじまりだそう
です。
IMG_7955.JPG 
IMG_7913.JPG IMG_7924.JPG 
IMG_7917.JPG IMG_7920.JPG 
これ以外にも、アイリス工房やアラビア製陶所などの作品
が多数展示してありました。
IMG_7948.JPG IMG_7952.JPG 
IMG_7959.JPG IMG_7961.JPG 
IMG_7969.JPG IMG_7971.JPG 
IMG_7999.JPG IMG_8001.JPG 
どれも個性的で面白かったです。

そして、同時開催の特別展として「マリメッコ・スピリッ
ツ フィンランド・ミーツ・ジャパン」と言う展示も行わ
れていてと言うか、どちらかと言うとこちらが目的だった
りしたんですが・・。
IMG_7974.JPG IMG_8006.JPG 
今回の目玉は、マリメッコの茶室。館長の出川哲朗さん
(同姓同名ですが別人です)が、フィンランドの人と茶
室に入ったら、上座や下座の無い丸に近い茶室かなと妄
想し、スケッチを描いたところからはじまった企画だそ
うです。それに茶室建築家の飯島照仁氏が協力して八角
形の原案を作成。
IMG_7981.JPG 
マリメッコの方のデザイナー担当はサミ・ルオッツァラ
イネン氏で、原案を元にマリメッコ案を提示。
IMG_7982.JPG 
マリメッコ案は、原案よりけっこうシックな雰囲気だっ
たみたいです。それに対して館長はウニッコをどうして
も使いたいという希望を出したそうです。が、マリメッ
コの方は原案の赤のウニッコは強過ぎると否定的で、最
終的には水屋は黒地に薄紫のウニッコになったそうです。
IMG_8008.JPG IMG_7979.JPG 
めちゃおしゃれでインパクトのある茶室でした。
IMG_7994.JPG 
IMG_7976.JPG 
もちろん茶室以外に定番のテキスタイルも展示してあり
ました。こちらも今回の展覧会を受けて、現在マリメッ
コで活躍する3名のデザイナー(パーヴォ・ハロネン氏、
マリヤ・ロウエカリ氏、アイノ=マイヤ・メッツォラ氏)
が、“JAPAN”をテーマに新作を作成したそうです。
IMG_7927.JPG 
IMG_7934.JPG IMG_7935.JPG 
IMG_7941.JPG IMG_7943.JPG 
素晴らしい!

フィンランドの後は、生暖かい強風にあおられながら中
之島を歩いて、堂島リバーフォーラムへ。
IMG_8010.JPG 
今回で5回目になる堂島リバービエンナーレ「堂島リバー
ビエンナーレ2019 シネマの芸術学-東方に導かれて- 」
を拝見。
IMG_8037.JPG 
キュレーションに飯田高誉氏迎え、“ジャン=リュック・
ゴダール『イメージの本』に誘われて”と言う副題の通り、
20世紀の記憶のアーカイブ的なジャン=リュック・ゴダー
ル監督の最新映画『イメージの本』を題材に6組のアーテ
ィストの作品が展示してありました。

会場に入ると、ポートレートと言うか巨大な証明写真で
お馴染のトーマス・ルフ氏が集めた1980年代の新聞写真
のスクラップが並んでいました。
IMG_8040.JPG 
そこを抜けると、今回の目玉、ジャン=リュック・ゴダー
ル監督の映画“イメージの本”が一日2回上映されるスペー
スが設えてありました。
IMG_8034.JPG IMG_8035.JPG 
その奥には、空音央氏とアルバート・トーレン氏の映像
作品と写真と額縁。
IMG_8017.JPG 
映像や写真が多い中で、佐藤允氏の絵画はある意味異彩
を放ってました。
IMG_8019.JPG IMG_8021.JPG 
ダレン・アーモンド氏の作品は、昔のモノクロフィルム
の記録映像の様な風情。
IMG_8023.JPG 
大好きなフィオナ・タン氏の映像作品、今回は、イメー
ジと記録をテーマにした“影の王国”と言う作品が上映さ
れてました。面白かったです。
IMG_8051.JPG IMG_8052.JPG 
それと東京の家族の写真を集めた“人々の声、東京”と言
う写真のインスタレーションも良かったです。
IMG_8024.JPG 
今回のもうひとつの目玉、ゲルハルト・リヒター氏の“ア
トラス”から809点がずらりと並び、愛媛の豊島(とよし
ま)にある“14枚のガラス/豊島”と同種のガラス作品“エ
イト・グラス・パネル”が飾ってありました。
IMG_8028.JPG IMG_8030.JPG 
“アトラス”は圧巻でした。
IMG_8053.JPG 
雲行きも怪しくなってきたので、そそくさと家路につき
ました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -