So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

羽ばたくアート [美術館]

2月も終わりに近づきそろそろ卒業の季節ってことで、今日は
寒空の京都に出向いて、毎年楽しみにしている「2018年度 京
都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展」にお邪魔して、若い
方々の元気なアート作品をたっぷり味わってきました。
IMG_4275.JPG IMG_4276.JPG 
大階段を上った人間館では、建築や環境デザインなどの展示と
大学院の修了展で行なわれていました。
DSC01813.jpg DSC01814.jpg 
カラス目線のお金の話や石清水八幡宮の巫女さんの楽しいおみ
くじ、通路の上にはセクシーなREMAさんの巨大なオブジェ!
DSC01819.jpg DSC01824.jpg 
DSC01827.jpg 
それを抜けると大学院生の修了展が行なわれていて、CHEN
POU YUさんの極彩色のコラージュ、LIU YUHANさんのキャ
ンドルケース、丹羽優太さんの生々しい襖絵、kao Zih-ting
さんの美しい幽霊の絵、下寺孝典さんの屋台と舟自転車、村
上由季さんのヒマラヤ杉、河野ひかるさんの民藝、中村ヒカ
リさんのゴツゴツオブジェなどなど。
DSC01833.jpg DSC01838.jpg 
DSC01842.jpg DSC01912.jpg 
DSC01850.jpg DSC01847.jpg 
DSC01853.jpg DSC01904.jpg 
DSC01860.jpg DSC01864.jpg 
DSC01865.jpg DSC01876.jpg 
DSC01883.jpg DSC01885.jpg 
さすが院生って感じで、完成度の高い作品が展示してありま
した。

人間館C棟では、油画、日本画、染織テキスタイルの展示が
行なわれていました。
油画?って感じの中澤ふくみさんのパラパラ漫画の塊、高橋
知裕さんの戦争女子、伯川葵さんのキラキラ女子などなど。
DSC01919.jpg DSC01921.jpg 
DSC01925.jpg DSC01931.jpg 
DSC01933.jpg DSC01935.jpg 
DSC01945.jpg DSC01946.jpg 
DSC01949.jpg DSC01953.jpg 
日本画?って感じの新井大地さんのバイク、大田真由さんの
硝煙島、平山鈴夏さんの寂しそうな犬などなど。
DSC01955.jpg DSC01958.jpg 
DSC01960.jpg DSC01971.jpg 
DSC01976.jpg DSC01979.jpg 
DSC01984.jpg 
染織テキスタイル系の展示がいつも印象的で好きなんですが、
三好沙采さんの皮の人形、石川晴子さんのカエルのマスク、
菅佳音さんのつばくろだけ、松田汐生さんのアロハシャツな
どなど。
DSC01988.jpg DSC01990.jpg 
DSC01996.jpg DSC01997.jpg 
DSC02002.jpg DSC02003.jpg 
DSC02007.jpg DSC02010.jpg 
DSC02012.jpg DSC02015.jpg 
DSC02016.jpg DSC02022.jpg 
DSC02028.jpg 
未来館では、現代美術と写真にこども芸術の展示が行なわれ
ていました。斎藤ひかりさんのインスタレーション、市川理
紗さんの石鹸鼠、作田詩月さんの就活の群れ、REMA(成田
令真)さんの顔プリントカーなどなどインパクトのある作品
が飾ってありました。
DSC02033.jpg DSC02037.jpg 
DSC02039.jpg DSC02044.jpg 
DSC02047.jpg DSC02050.jpg 
DSC02053.jpg DSC02056.jpg 
こども芸術では、戎リ里央さんの段ボールの洞窟探検セット
など面白い作品が展示してありました。
DSC02081.jpg 
DSC02061.jpg DSC02068.jpg 
DSC02074.jpg DSC02075.jpg 
迷路みたいな興心館と直心館ではプロダクトデザインやファ
ッションデザインや空間デザインなどなどの展示がしてあっ
て、アート系とはまた違った感じで、楽しく拝見させてもら
いました。
DSC02082.jpg DSC02083.jpg 
DSC02085.jpg DSC02089.jpg 
DSC02096.jpg DSC02097.jpg 
DSC02102.jpg DSC02118.jpg 
DSC02120.jpg DSC02125.jpg 
他にも、映画、演劇、アニメ、情報系のデザインなどなど、
数多くの展示や発表が行なわれていましたが、あまりに数が
多いので全部を拝見することはできませんでした。が、才気
溢れる若い方々のアート作品にふれて元気をいただいたよう
な気がします。いつもながら非常に楽しい時間でした。あり
がとうございました。
ご卒業おめでとうございます。ご活躍をお祈り申し上げます。

京都でのお昼は、出町柳にあるイスラエル料理の店「ファラ
フェルガーデン」さんでファラフェルプレートランチをいた
だきました。
IMG_4274.JPG IMG_4277.JPG 
ファラフェルはひよこ豆とコリアンダーリーフで作ったベジ
タブル肉団子みたな料理で、はじめて食べましたが外はカリ
ッと中はふんわりでけっこう美味しかったです。

nice!(0)  コメント(0) 

勤労アート [観劇(他)]

曇天模様でしたが少し寒さがやわらいだ土曜日。いつもお世話
になってるkitaさんが仕事帰りに絵画教室で描いている絵の発
表会が、今年も開催されているってことで西宮北口のアクタ西
宮にある西宮市立北口ギャラリーでやっている「2019 西美ア
カデミー展」に行ってきました。
IMG_4216.JPG 
今回の絵は、画面の3/4をしめる黒い背景に浮かぶように絶妙
なバランスで描かれた網かごに入ったフランスパンと木のテー
ブル。印象的な構図と繊細に描き分けられた網かごとパンと木
のテーブルのディテールの対比が面白い素敵な作品でした。
美大を目指す学生さんのデッサンなども展示されていました。

その後、阪神尼崎に移動。小腹が空いたので駅にあるたい焼き
屋「二万翁」さんでたい焼きを買って頬張る。
IMG_4220.JPG 
少し厚めの皮が表面でサクサクで中がふんわりで、めちゃ美味
しい!

そして、あまらぶアートラボA−Labではじまった「「街と、そ
の不確かな壁」と・・・。」にも立ち寄ってみました。
IMG_4221.JPG IMG_4222.JPG 
関西出身の若手アーティスト、川田知志さんと迎英里子さんの
2人展。タイトルの「街と、その不確かな壁」は村上春樹さん
の小説のタイトルだそうです。

フレスコ画の作品を作る川田さんは、今回、使われなくなった
学校や結婚式場などの痕跡や記憶を題材にしたインスタレーシ
ョンを、会場全体を使って展示してらっしゃいました。
IMG_4261.JPG IMG_4259.JPG 
IMG_4227.JPG IMG_4225.JPG 
IMG_4232.JPG IMG_4234.JPG 
IMG_4238.JPG IMG_4237.JPG 
国債や石油掘削や核分裂などの仕組みを、日常的な道具を使
ったインスタレーションとパフォーマンスで表現していると
言う、迎さんは、今回、労働や就業規則を題材にした作品を
展示ししてらして、今日は展示作品を使った迎さんのパフォ
ーマンスも行われていました。
タイマーを入れて灯りをつけ、木枠の中でビー玉を取り出し、
そのビー玉を容器に入れてレールで転がして網の中へ。
IMG_4236.JPG IMG_4245.JPG 
IMG_4246.JPG IMG_4248.JPG 
その作業が終わると決められた文字をビニールシートに書き、
丸めて別の部屋に移動。
IMG_4253.JPG IMG_4254.JPG 
輪投げで民主的に決めた代表印を押して飾って終了。
IMG_4228.JPG IMG_4229.JPG 
IMG_4255.JPG 
淡々と黙々と意味の有るような無いような作業をする姿を見な
がら、なんとなく身につまされる思いでした。。。

夜は、梅田の東通り商店街の外れにあるライブハウス ムジカ
ジャポニカさんにタテタカコさんのライブ「ムジカで冬のワン
マンショウ」を聴きに。
IMG_4267.JPG IMG_4268.JPG 
調律によりいつもよりパワフルな感じのピアノの音に負けない
くらいパワフルなタテさんの歌声!
映画、誰も知らないお馴染みの“宝石”の他、これまた映画がら
みで大山晃一郎監督の映画いつくしみふかきの曲や乃木坂46の
振付で有名なSeishiroさんのダンス懺渼歌の曲。
それに遠藤ミチロウさんの我自由丸や冬のシャボン玉などなど
いつものようにたっぷり素敵な歌声を聴かせてもらいました。
素晴らしい!感謝です。

nice!(0)  コメント(0) 

チョコ色々・・感謝 [雑記]

今日はバレンタインデーってことでチョコレートを色々いた
だきました。ってことで、ちょいとご紹介。

ドイツのチョコってあんまり食べたことないな!って感じで
「ローエンシュタイン」。
52596483.jpg 
こちらはチョコと言えばって感じのベルギーのチョコで「レ
オニダス」。
52661053.jpg 
こちらは日本のと言うか国籍不明って感じで「ハローキティ」
のチョコ。カワイイ!
51968877.jpg 
そして、グッと地元って感じで天神橋筋商店街の「アトリエ・
アルション」さんのチョコは缶がおしゃれ。
52156583.jpg 
妹さんのメッセージカード付きで、八尾の「ケーキハウス ミ
ツハシ」さんのチョコは、上品な味わいのチョコでした。
51935338.jpg 
ありがとうございます。感謝です。

nice!(0)  コメント(0) 

メメント・モリな展覧会 [美術館]

朝から冷たい雨の降った3連休の最終日。今日は国立国際美術館
で開催がはじまった「クリスチャン・ボルタンスキー Lifetime」
を観に行ってきました。
IMG_4164.JPG IMG_4165.JPG 
日本でも瀬戸内国際芸術祭で豊島に設置された世界中の人々の心
臓の音が聞ける“心臓音のアーカイブ”や森の中で無数の風鈴が風
に揺れる“ささやきの森”、越後妻有アートトリエンナーレの“最後
の教室”や“影の劇場”などでお馴染みのフランスを代表する現代ア
ーティスト、クリスチャン・ボルタンスキー氏の1960年代から半
世紀に及ぶ創作活動を振り返る回顧展ってことで、開催を楽しみ
にしていました。
瀬戸内や妻有で見るボルタンスキー氏の作品は、暗闇でまたたく
白熱灯の灯りと心臓音で、死後や子宮の中を思わせるような独特
の雰囲気があり、作品の中に身を置くと精神が暗闇にずるずると
引き込まれそうな恐怖と安心感をおぼえる不思議な世界観が味わ
えます。
今回の回顧展は、ボルタンスキー氏が会場全体を一つのインスタ
レーショとして展示をしたということで、国立国際の地下3階全
体が礼拝所や納骨堂のような独特の空気に包まれていました。

会場に入ると“DEPART(出発)”の電球が輝き、初期の作品は並
び、次はお馴染みの“心臓音”が響いています。
DSC01793.JPG 
ボルタンスキー氏のポートレートが映し出されたすだれの奥には、
氏の寿命を刻むカウンターや氏の作業場に設定された監視カメラ
の映像“C・Bの人生”が流れていました。
DSC01722.JPG 
DSC01786.JPG DSC01799.JPG 
DSC01765.JPG 
大きなスクリーンには、パタゴニアで鯨とコミュニケーションを
とろうとした映像が映され、その奥には遺影が貼られたビスケッ
トの缶が整然と並び、影絵の髑髏が揺らいでいました(ここは撮
影不可)。こちらも撮影不可ですが、ライトで照らされた遺影が
祭壇の様に設置された部屋も印象的でした。

その奥には、風鈴の映像が流れ床には干草がひかれ“最後の教室”
の記憶の香りが微かに漂っていました。
IMG_4168.JPG IMG_4169.JPG 
コートでできた“ぼた山”や古着の壁からは人の痕跡の消え。コ
ートでできた十字架?。キリストの顔が浮かんだヴェロニカヴ
ェール。開催期間中に一日2個ずつ電気が消えていくうごめく
電球“黄昏”などなど50点ほどの作品が展示してあります。
DSC01717.JPG DSC01720.JPG 
IMG_4193.JPG IMG_4176.JPG 
DSC01742.JPG DSC01744.JPG 
DSC01748.JPG DSC01755.JPG 
DSC01752.JPG DSC01761.JPG 
DSC01758.JPG DSC01811.JPG 
DSC01762.JPG 
この展覧会用に制作したと言うビルのように黒い柱が並び来世
の文字が輝く部屋を抜け、最後に“ARRIVEE(到着)”の文字に
送られて会場を後にしました。

地下2階の常設展も今回のボルタンスキー氏の回顧展に合わせる
形で「コレクション3 見えないもののイメージ」と銘打って死や
不在をテーマにした展示が行なわれていていました。
IMG_4202.JPG 
アンディ・ウォーホル氏のマリリン、マーク・クイン氏の美女
と野獣、工藤哲巳氏の鳥かご、内藤礼氏の死者のための枕や絵
画、塩田千春氏のトラウマ/日常、荒川修作氏の棺おけ、石内都
氏のお母さんの肌着の写真、杉本博司氏の海の写真、米田知子
氏の空地の写真などなど、大好きな作品がずらりと並んでいて、
なんだか得した気分でした。

中之島の地下で、瀬戸内や妻有を思い出しながら、メメントモリ
的な世界観にたっぷりと浸りました。

中之島での昼ごはんは、土佐堀にあるイタリア料理の店「IL BE
CCAFICO(イルベッカフィーコ)」さんでパスタランチ(アマ
トリチャーナ)をいただきました。
IMG_4162.JPG IMG_4159.JPG 
IMG_4160.JPG IMG_4161.JPG 
野菜たっぷりの前菜にふんわり柔らかなフォカッチャとスパイシ
ーなアマトリチャーナのパスタ。どの料理もめちゃ美味しかった
です。詳細が書いてない1000円のパスタランチのみですが、注
文の時に苦手な物やアレルギーの確認をしてくれたので、安心し
て食事ができました。

そして、預けていた自転車の修理が無事終わったので、寒空の中、
北浜から自転車で帰りました。寒かったですが、ガタつきが無く
なって快適な走行!イイ感じです。

nice!(1)  コメント(0) 

迫力の歌声 [観劇(他)]

今日も寒かった3連休の中日。本日は、いつもお世話になっている
と~るさんの歌声を聴きに兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大
ホールに「第87回 関西学院グリークラブリサイタル」を聴きに行
ってきました。
52158515.jpg 
1st Stageは、シューベルトの「森の夜の歌」でホルンの伴奏付き。
素敵な歌声と心地良いホルンの響きもあいまって、いつものごとく
夢の中へ!すみません。。。
2nd Stageは、男声合唱組曲「北斗の海」も引き続きって感じで夢
心地に聞かせてもらいました。。。
3rd Stageは、男声合唱組曲「アイヌのウポポ」は、高等部とOBの
新月会の方々が合同で歌う曲で、歌詞がアイヌ語で意味はまったく
判りませんでしたが、くじら祭りやイヨマンテ(熊祭り)など独特
の野性味と地の底から湧き上がってくるような迫力の歌声が素晴ら
しかったです。
4th Stageの「Barbershop Showtime!」は、歌って踊る少しカジ
ュアルなスタイルのステージで、ノートルダムの鐘など耳馴染みの
ある曲もあって楽しく聞かせてもらいました。
最後の5th Stageは、男声合唱組曲「御誦」でピアノとパーカッシ
ョンの伴奏付き。御誦はオラショと読み、昨年、世界遺産に登録さ
れた長崎と天草地方の潜伏キリシタンの信仰を歌った曲で、長崎の
民謡とアヴェ・マリアなどの賛美歌が融合したような曲で、途中に
ピアノとパーカッションアドリブ演奏も入ったりして現代音楽的な
ちょっと不思議な雰囲気で印象的でした。

最初は心地良く夢の世界にいざなう歌声でしたが、ウポポ以降はグ
グッと引き込まれ、門外漢にはちょっと難しかったですが、心の残
る迫力の歌声で楽しい時間を過ごさせていただきました。感謝です。

素敵な歌声を聴いた後は、会場近くの和食屋「うを匠 せん」さんで
いつものように食事会。
IMG_4148.JPG 
IMG_4150.JPG IMG_4151.JPG 
IMG_4152.JPG IMG_4155.JPG 
今日の演奏の話や、知り合いの娘さん2号ちゃんのカナダ留学
の土産話し(赤毛のアンのプリンスエドワード島)、3号ちゃ
んのトランペット演奏などなどを聞かせてもらって楽しい時間
を過ごしました。
チケットのご手配や食事会まで何から何までお世話になって本当に
ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -