So-net無料ブログ作成

くすくす笑えるHな時代劇 [映画]

若干季節が戻ったような爽やかな空気の中、ちょうど見頃
かなと思い、鶴見緑地公園までポタリングして、春バラを
見てきました。

バラの前に、先ず目に入ったのは、公園のシンボルとも言
える風車の丘に咲き誇ったマリーゴールド!
IMG_9288.JPG 
黄色と橙色の花の絨毯の先に風車が回り、メルヘンチック
な風情が漂っています。
ちょうど結婚式用と思える写真の撮影をしている新婚さん
もいらして、なんだか華やいだ雰囲気をお裾分けしてもら
った感じです。

そして、本命のバラ園。こちらには300種くらいのバラが
育てられているそうで、主に春と秋に見頃をむかえ、色と
りどりの花と高貴な香りを楽しむことができます。
IMG_9254.JPG IMG_9261.JPG 
IMG_9249.JPG IMG_9258.JPG 
IMG_9259.JPG IMG_9267.JPG 
IMG_9265.JPG IMG_9263.JPG 
IMG_9272.JPG IMG_9273.JPG 
IMG_9275.JPG IMG_9280.JPG 
ちょうど春バラの見頃って感じで、咲いている花の種類も
多かったですし、なにより空間全体がバラの香りに包まれ
て心地良い気分で写真を撮ることができました。

バラを楽しんだ後は、鶴橋康夫監督のちょっとHなコメデ
ィー時代劇「蚤とり侍」を拝見。
蚤とり侍.jpg 
原作は小松重男さんで、主役の小林寛之進は阿部寛さん。
始まったばかりなので詳しい内容は書けませんが、江戸時
代の変わった職業として落語のまくらでよく耳にしていた
猫の蚤とりを題材にした楽しい映画でした。
風間杜夫さん扮する置屋?の主人の鼻に抜ける妙な調子の
「猫の蚤、取ぉりましょうぃ~~♪」もイイ感じでしたし、
松重豊さん演じる越後長岡藩の藩主牧野備前守忠精のどこ
から声が出ているのか判らないようなハイテンションな演
技も面白かったです。それに近藤(うどん粉)清兵衛(豊
川悦司さん)と恐妻おちえ(前田敦子さん)のくだりもか
なり笑えます。
おみね(寺島しのぶさん)が放った「この、下手くそが!」
は、男としては、一番聞きたくないひと言ですね。。。汗
最後が、ちょっとバタついた感じもしましたが、楽しい映
画でした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。